サンディスク、世界最大容量の高性能SDカード「サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカード 512GB」を12月に出荷開始

サンディスク株式会社(本社:東京都港区)は本日、世界最大容量のSD™カードとなる、512GB*の『サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカード』を12月に出荷開始することを発表しました。本製品は最大読取り速度が95MB/秒、最大書込み速度が90MB/秒の超高速SDXCカードです。大容量かつUHSスピードクラス3に対応し、4Kウルトラ高解像度ビデオ(3840x2160p)やFull HDビデオ(1920x1080)(注1)、高速バーストモードの写真の撮影に適しています。当面は、最先端の技術を求める映像業界の大容量へのニーズに応えるものです。

サンディスクの製品マーケティング担当バイスプレジデントのディネッシュ・バハールは、「業界のリーダーとして、サンディスクは絶えず技術の限界を押し広げ、お客様の期待に応えるような、革新的で、信頼性が高く、高性能なソリューションを提供してまいります。4KウルトラHDのような技術の台頭を契機として、当社では、極めて大容量のデータを扱うことのできる製品の開発に取り組んでいます。512GBのサンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカードは、かつてなかったほどの容量のコンテンツを1枚のカードに信頼性の高い方法で保存できる、画期的な製品です」と述べています。

飛躍する大容量へのニーズ
サンディスクが2003年に512MBのSDカードを発表して以来、容量に対する需要は飛躍的に増大しています。サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカードの新製品は512GBで、容量は約10年間で1,000倍となりましたが、そのサイズ(寸法)は10年前と変わりありません。サンディスク史上もっともパワフルで、高容量のSDカードとなる512GBの書き込み速度は最大90 MB/秒**で、リアルワールドカラーで、動きの滑らかな、高解像度4KウルトラHD動画(注1)向けの規格であるUHSスピードクラス3(U3)の録画速度に対応しています。また、転送速度は最大で95 MB/秒**となっているため、データを迅速に移動させることができ、ポストプロダクションの作業を効率的に進めることが可能となります。512GBのサンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカードは、4KウルトラHD動画の保存に必要な速度と容量の両方を備えているため、中断することなく、膨大な量のコンテンツを撮影することができます。

新製品には、プロレベルの活動を想定し、過酷な条件を想定した設計とテストを実施しています。耐温、耐水、耐衝撃、耐X線(注2)といった信頼性を保持し、無期限保証(注3)、誤って削除してしまった画像を復元するデータリカバリソフトウェアRescuePRO® Deluxeの1年間利用特典(注4)が付属しています。

著名な映像ディレクター兼プロデューサーで、SanDisk Extreme Teamのメンバーであり、最先端の技術を活用して作品製作を続けているセバスチャン・ドゥボー氏は、次のように語っています。「私は、自分の作品の製作過程や品質を改善してくれそうな、新しい技術をいつも探しています。容量が大きくなると、時間をより効率的に使えるようになり、機器の性能を気にせずにカメラを回しっぱなしにすることもできます。」

Blackmagic Design社のCEOグラント・ペティ氏は、「512GBの新しいサンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカードには、超高速なスピードと十分な容量があります。当社のPocket Cinema Cameraのお客様は、さまざまな環境や場所で撮影を行い、もっとも明るい部分ともっとも暗い影の部分を同時に捉えた、驚くほど広いダイナミックレンジのRAWビデオを作り出しています。サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカードでの容量拡張により、より自由かつクリエイティブにRAWビデオを撮影できるようになり、広いダイナミックレンジを持つRAWファイルをより多くの制作に活用できるようになるでしょう」と話しています。

価格と発売時期
サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカードは、12月に出荷を開始いたします。新たに追加される容量は512GB、256GBおよび128GBの3種類となり、価格はオープンです。


■サンディスクについて
フォーチュン500ならびにS&P500カンパニーであり、データストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は、これまで25年以上にわたって斬新なアイデアと革新的な製品でエレクトロニクス業界に変革を起こしてきました。サンディスクの最先端のソリューションは、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。また、サンディスクのリテール製品は、世界中で販売されています。
サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。


すべてのデバイスがSDXCに対応しているわけではありません。詳細は、デバイスメーカーまでご確認ください。
* 1GB=1,000,000,000バイト。ユーザーの実際のストレージはこの数値より少なくなります。
**読み取り速度最大95 MB/秒。書き込み速度最大90 MB/秒。これらは社内テストの結果に基づくものであり、ホストデバイスによっては、性能が劣化する場合があります。1MB=1,000,000バイト。

注1: 4KウルトラHD(3840x2160)およびFull HD (1920x1080)動画への対応は、ホストデバイス、ファイル属性およびその他の要因によって異なる場合があります。UHS対応ホストデバイスで4KウルトラHD動画を録画するための性能オプション規格であるUHSスピードクラス3については、www.sandisk.com/HD をご参照ください。
注2: 追加情報および制限事項については、製品パッケージまたはhttp://www.sandisk.co.jp/Corporate/proof をご参照ください。
注3: http://www.sandisk.co.jp/Corporate/warranty/ をご参照ください。データ復旧ソフトは無期限保証の対象ではありません。
注4: 登録が必要となり、規約が設定されています。すべてのデータの復旧を保証するものではありません。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ウエスタンデジタル
  4. >
  5. サンディスク、世界最大容量の高性能SDカード「サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-Iカード 512GB」を12月に出荷開始