Filmarks調べ「映画流行語大賞2016」発表

国内最大級の映画レビューサービスのユーザーが選ぶ映画流行語ランキング!No.1は「君の名は」

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、ユーザーを対象に「2016年流行した映画ワード・映画ネタ」をテーマとしたアンケートを実施。その結果を集計し「映画流行語大賞」として発表いたします。
■Filmarks調べ 2016年映画流行語ランキング

 

順位 ワード 作品名 票数
1位 君の名は 君の名は。 138
2位 入れ替わってる〜!? 君の名は。 36
2位 前前前世 君の名は。 36
4位 無人 在来線爆弾 シン・ゴジラ 30
5位 まずは君が落ち着け シン・ゴジラ 27
6位 ハーレイ・クイン スーサイド・スクワッド 19
7位 蒲田くん シン・ゴジラ 12
8位 お母さん、麦茶2つもってきて ヒメアノ〜ル 9
9位 シン・ゴジラ シン・ゴジラ 8

※10位以下は記事後半にまとめています


■映画ファンが選ぶ2016年の映画流行語大賞は「君の名は」!同作がランク上位を独占
「君の名は」が、空前の大ヒットを記録した映画タイトルとして、また「君の名は!?」という印象的なセリフとして、それぞれユーザーから圧倒的な票数を集め、2016年の映画流行語大賞に輝きました。2位には、同作のストーリーの鍵となるセリフ「入れ替わってる〜!?」とRADWIMPSが手がけた主題歌タイトル「前前前世」が同得票数でランクイン。『君の名は。』関連ワードが上位を独占する結果となりました。

■『シン・ゴジラ』ほか邦画が中心!“邦画の当たり年”を物語るランキング
トップ3位以下10位まで、『スーサイド・スクワッド』『デッドプール』の2作品を除いて全てが邦画作品。邦画の当たり年と言われる2016年を物語る結果となりました。特に『シン・ゴジラ』に関するワード・セリフが多数。また、総得票数では上位に及ばないものの『ヒメアノ〜ル』の「お母さん、麦茶2つもってきて」は、同作に投票したユーザーの3人に2人がこのセリフを回答するという特徴も見られました。

《10位以下の映画流行語ランキング》
10位:「ガッジィーラ」(『シン・ゴジラ』) 7票
10位:「俺ちゃん」(『デッドプール』)7票
12位:「ヤシオリ作戦」(『シン・ゴジラ』)6票
12位:「水ドン」(『シン・ゴジラ』)6票
14位:「シンゴジ実況」(『シン・ゴジラ』)5票
14位:「怒り」(『怒り』)5票
16位:「ZARAはどこ?」(『シン・ゴジラ』)4票
16位:「仕事ですから」(『シン・ゴジラ』)4票

また、今回のFilmarks「映画流行語大賞」は、ニュースサイト・ガジェット通信が開催する「ネット流行語大賞」「アニメ流行語大賞」とコラボレーション。同タイミングで結果発表記事を公開するとともに、記事の相互リンクを実施しています。

【ガジェット通信】
・ネット流行語大賞記事:http://getnews.jp/archives/1563362
・アニメ流行語大賞記事:http://getnews.jp/archives/1563364

■アンケート調査概要■
方法:インターネット上のアンケート
期間:2016年11月19日(土)~11月24日(木)
対象:Filmarksユーザー(男女)
質問内容:あなたが2016年に流行った・盛り上がったと感じる映画に関するワード(ネタ)をひとつ教えてください(自由回答)
サンプル数:705人

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画トークを楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社つみき
  4. >
  5. Filmarks調べ「映画流行語大賞2016」発表