【ORICON STYLE×JINS】花粉シーズン到来で高まる女性の悩みを徹底調査

花粉症が引き起こすメイク崩れで”ザンネン女子”が急増中・・・・

気温の上昇とともに、おしゃれ心もうずいてくる春。しかし「私は花粉症だから」とかえってブルーになってしまう人も少なくありません。特に女性にとっては、花粉症によるメイク崩れなどに悩まされやすい季節です。そんな女性の実態を探るため、オリコンでは花粉症シーズンのおけるメイクへの意識について調査特集を株式会社ジェイアイエヌサポートのもと実施しました。

 

調査結果によると、花粉症でメイク崩れに悩んだことがあるという人は62.2%に達しました。「鼻の周りのメイクが崩れる」(37.1%)、「目をこすってアイメイクが崩れる」(11.6%)など、鼻水や涙といった諸症状がメイクを崩してしまうようです。

中には、きちんとメイクをしても崩れるくらいなら最初からメイクをしないという女性もいます。しかし「アイメイクができないので薄化粧で職場に行ったら『今日はすっぴんなんだね』と言われてしまった」(静岡県/30代)、「ノーメイクなうえに、まぶたが腫れていたため人に笑われてしまった」(神奈川県/20代)など、ただでさえ花粉で辛いのに、さらに気が滅入ってしまうといった経験も多く聞かれました。

   花粉シーズンはできるだけすっぴんで過ごしたいけれど、やはりメイクなしで外出はできないというのが現実のようです。特にアイメイクは顔の印象をガラリと変えてしまうこともあるだけに、「少しでも印象をよくしたいから必須」(長崎県/20代)と多くの女性が必要性を訴えます。

そんな女性たちにとって重要になってくるのが花粉対策です。調査では、対策のために使っているアイテムについて、「マスク」がダントツの1位になりました。しかし、それだけではメイク崩れが気になる肝心の目元は丸出しです。

これに対し、クリントエグゼクリニックの黒田愛美医師は、「そもそも花粉のアレルギー症状は、肌の露出している部分に直接花粉がつくことで起こりやすいので、予防するためにはとにかく肌に直接花粉がつかないようにすることが大切。」と話し、「すっぴんではなくメイクをしたり、メガネなど花粉が直接肌に触れないようにするグッズが有効。中でも花粉対策メガネはより目元をきちんと覆っているのでいいと思います」と花粉対策メガネなどの使用を勧めています。

 花粉対策メガネに対しては、「目立ってしまう」、「格好悪そう」と、おしゃれじゃないというイメージを持つ人が多いようですが、今では、スタイリッシュな花粉対策メガネも登場しています。花粉症の症状を軽減させるだけでなく、お肌のためにも、また綺麗な見た目をキープするためにも使用を検討してみたいところです。

詳細はeltha powered by ORICON STYLE 特集
「”花粉メイク崩れ”でザンネン女子が急増中!春に輝くオンナのマストアイテム」をご覧ください



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社oricon ME
  4. >
  5. 【ORICON STYLE×JINS】花粉シーズン到来で高まる女性の悩みを徹底調査