ホラー映画はデートで使える?怖さに便乗して意中の男子に近寄る女子の割合

映画好き女子215名に調査「ホラー映画を鑑賞中は男子にボディータッチのチャンス?」

11月21日より全国劇場公開

日本映画界を代表するホラーの巨匠、中田秀夫監督の最新作『劇場霊』が11月21日より劇場公開。中田監督と言えば、『リング』『クロユリ団地』など多くのホラー映画ヒット作を生み出してきたことで知られているが、彼が初めて手掛けた劇場長編映画『女優霊』は、今でも伝説に残るホラー映画だ。そして同作から20年を経た今、最新作『劇場霊』が公開されるのにちなんで、映画好き女子が集まるトーキョー女子映画部では、ホラー映画にまつわるアンケートを実施。10代を含む215名が回答した。



Q:デートでホラーを観ているときに、どさくさに紛れて彼にボディータッチしたことはある?※複数選択可
・ホラーを観るときは積極的にそういう機会を活かしている 5.1%
・無意識だが結果的にそうなったことはある 25.1%
・私はないが、彼からそういうことをされたことがある 8.8%
・そういう経験はない or 意識したことがない 64.7%


怖がりながらも男子に接近しようと機会をうかがう計算高い女子は意外にも少ないようだが、「無意識だが結果的にそうなったことはある」という回答が4人に1人いるのだから、ホラー映画鑑賞は男女接近のチャンスと言えるのではないだろうか。男子から露骨にここぞとばかりに女子にボディータッチするのはオススメできないが、女子から自然に近寄ってきた際に頼もしく肩を抱き寄せたり、男らしさをアピールするにはチャンスだろう。


Q:ホラー映画を観た帰り路にやることはある?
・たくさん話をして怖さを忘れる。 ホラー映画を観たあとは、一緒に観た友達や恋人といつもより長くいるようにしています。(10代)
・後ろや周りを見て怖くなってしまうので、知り合いと電話します。(20代前半)
・神社にお参り。(20代後半)
・バラエティ番組を観てから寝る。(20代後半)
・怖い夢を見ないように、寝る前は楽しいことを考える。 もしくは夢を見ないくらいまで眠くなるように夜更かしをする。(30代前半)
・人通りの少ない暗い道は怖いので、走って帰ります。(30代前半)



ホラー映画を観た後は、お祓いまでいかなくても、気分を切り替えることをやりたくなるもの。デートでホラー映画を観たなら、2人で気分転換すれば、より長い時間を一緒に過ごせる。「誰かにそばにいて欲しい」「誰かと話していたい」という気持ちが強い状況なので、相手の存在がより有り難く感じることもあるだろう。ホラー映画は苦手という人は多いが、怖いモノ見たさで興味をそそるジャンルでもある。1人で観るのは怖くても2人で観るなら楽しいはず。普段は観られないという人もぜひデートで観て、彼、彼女との距離を縮めてみては?



■トーキョー女子映画部によるアンケート全容: 
http://www.tst-movie.jp/voice01/vc61_151030001.html

『劇場霊』
2015年11月21日より全国公開
http://gekijourei.jp/
監督:中田秀夫
出演:島崎遥香/足立梨花/高田里穂/町田啓太/中村育二/小市慢太郎
配給:松竹
©2015「劇場霊」製作委員会
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社TSトーキョー
  4. >
  5. ホラー映画はデートで使える?怖さに便乗して意中の男子に近寄る女子の割合