大河ドラマ「江~姫たちの戦国」「篤姫」の脚本家が戦国時代のシンデレラ物語を描く!

書下ろし小説『おね』上・下巻(田渕久美子/著)が10月22日(土)にNHK出版より刊行されます(各巻・税込1,728円)。

装丁 bookwall 装画 イズミタカヒト 

妻・おねの視点から描く戦国時代
信長、秀吉、家康などの男視点から描いた小説はたくさんありますが、「女性の視点」から戦国時代を見通したものは、ありそうでありませんでした。茶々姫をはじめ、秀吉の数多くの側室との対立と和解など、女性の心情を描かせたら右に出る者はいない脚本家・作家、田渕久美子が、おねの生涯を鮮やかに描きました。

おねの唯一の武器は、策略でも武力でもなく「共感力」!
おねは、相手の心と同一化できる「共感力」を備えていたため、だれもが心を開いて心情を語ってしまいます。一介の武士の娘として生まれた「おね」が、関白・秀吉の妻という日本一の座についたのは、この類まれなコミュニケーション能力があったからなのです。

戦国を終わらせたのは「おね」だった!?
おねが武将に望んだのは、「平和の世」。秀吉、信長、家康の天下統一による戦のない世界を自分の夢と信じていますが……最終章で明らかとなる真相とは?






 

 

田渕久美子(たぶち くみこ)                               
島根県生まれ。脚本家・作家。NHKでは大河ドラマ「篤姫」「江」、連続テレビ小説「さくら」(橋田賞受賞)、月曜ドラマ「妻の卒業式」、夜の連続ドラマ「女神の恋」「ダイヤモンドの恋」など話題作を多数執筆。前向きに生きる女性たちの姿を豊かな表現で描き、深い共感を得ている。主な著書に『女の道は一本道』(小学館文庫)、『毎日が大河』(幻冬舎)、『江 姫たちの戦国』(上・下)『美女と男子』(以上NHK出版)など。
 

田渕久美子氏


おね 上 下 田渕久美子・著

発売 2016年10月22日
定価 各巻1,728円(税込)
仕様 四六判並製 352ページ(各巻)
ISBN 978-4-14-005679‐0 / 978-4-14-005680-6

NHK出版WEBページ
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000056792016.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社NHK出版
  4. >
  5. 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」「篤姫」の脚本家が戦国時代のシンデレラ物語を描く!