BAR TIMES STORE TOKYO(東京 飯田橋)「和のグラスフェア」開催

2016年1月17日(日)10:00〜17:00

日本の職人技が光る「和」のグラスフェアを「BAR TIMES STORE TOKYO(東京 飯田橋)」にて2016年1月17日(日)の10:00〜17:00 に開催いたします。

 

 

株式会社北澤企画事務所(東京都文京区 代表取締役社長 松渕健二)が運営する BAR TIMES STORE TOKYO(東京 飯田橋)は、日本の職人技が光る「和のグラスフェア」を2016年1月17日(日)の10:00〜17:00 に開催いたします。

日本のグラスづくりの現場では、永年に渡り伝統技術が培われてきました。その伝統技術を駆使して生み出される美しいグラスの数々を、一堂に会して展示、販売いたします。

和のテイストが色濃く映し出されたグラスの中から、きっとお気に入りの一つを見つけていただけると思います。日本が誇る伝統工芸「江戸切子」によって新たな息吹をもたらされたバーツール「江戸切子ミキシンググラス」も多く展示いたします。

 

 


※当日は展示・販売を行いますが、ご希望の商品に在庫が無い場合がございます。その場合は後日発送となります事をご了承下さい。

今回のフェアでは国内屈指の硝子メーカーのグラスを実際にお手に取ってご覧頂けます。
木村硝子店 / 木本硝子 / カガミクリスタル / 廣田硝子 / 松徳硝子 / 清峰堂(九谷和グラス) / 100 percent(SAKURASAKU glass) / 清峰堂(九谷和グラス) / 田島硝子 / 北澤企画

 

黒いグラスに江戸切子の技術を使って新しい文様を刻んだグラスや、九谷焼とのハイブリッドグラス、底が桜の花びらのかたちをしているため結露した水滴の跡が桜の花びらになるグラスなど、伝統的な技法の上に成り立ったモダンを表現したグラスは、見る者にそれがグラスという用途をもった道具であることを忘れさせます。古代硝子の復刻硝子の製造技術が未発達であったころの硝子の色である「うすい琥珀色」をあえて現代の技術で再現させたグラスも展示販売しております。ぜひご来店の上、お手にとってご覧ください。

BAR TIMES STORE TOKYO(東京 飯田橋)
「和のグラスフェア」 詳細

日時:2016年1月17日(日)10:00〜17:00
場所:BAR TIMES STORE TOKYO(東京 飯田橋)
   東京都文京区後楽2-2-10 松屋ビル4階
   http://www.bar-times.com/contents/14165/

電話: 03-6801-6767
mail: info@bar-times-store.com

アクセス:JR飯田橋駅(東口改札)・東京メトロ飯田橋駅(A3/B1出口)より徒歩約4分
※当店は駐車場のご用意がございません。お車でのご来場はお控えください。
当日は、東京 飯田橋のストアでお待ちしております。

BAR TIMES のメディア & ストア
http://www.bar-times.com/contents/33658/
 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社北澤企画事務所
  4. >
  5. BAR TIMES STORE TOKYO(東京 飯田橋)「和のグラスフェア」開催