サッカー、ハリルホジッチ監督の本音を独占スクープ!!今どうしても選手に伝えておきたいこととはー

男性ファッション誌『アエラスタイルマガジン』表紙&ロングインタビューにサッカー日本代表ハリルホジッチ監督が初登場

サッカー日本代表監督、ヴァイッド・ハリルホジッチ氏の単独ロングインタビューを『アエラスタイルマガジン』誌が実現。各新聞やスポーツ誌なども実現できなかった本邦初のスクープを、9月24日発売の2015年秋号(定価900円)で掲載します。

男性ファッション誌『アエラスタイルマガジン』は創刊7周年を記念し大きくリニューアル。

記念すべきリニューアル号の表紙にサッカー日本代表監督ヴァイッド・ハリルホジッチを迎え、単独・独占取材を実現しました。今年3月にサッカー日本代表に就任し、今月8日に行われたサッカーW杯アジア2次予選アフガニスタン戦では圧勝、ワールドカップ予選突破を目指すハリルホジッチ監督が、その心中を本誌にだけに語ってくれました。

最善の結果を生み出す指導者とは、何を考え、どのように行動すべきか。
また、ニッポンが「勝つ」ことにこだわったときに求められる、適正な組織形態とはどのようなものなのか―。
ニッポン国民が熱く注目する、常勝を義務づけられた指導者の肖像と独自の哲学を、アエラスタイルマガジンが浮き彫りにします。

■戦争で奪われた、穏やかで輝かしい日々

かの名門パリ・サンジェルマンでも活躍した選手時代のハリル。母親の死をきっかけに旧ユーゴスラビアに帰郷したのちは、ブティック、バール、ケーキ屋などで経営手腕を発揮。一躍街の名士となる。しかし、それも長くは続かない。戦争が、彼のすべてを奪った…。

 ■ドログバに請われて、初めて代表監督に
何度も命を奪われそうになり、そして無一文となったハリルは再びパリへ。貧困のなか努力をかさねてライセンスを取得し、監督としてのキャリアをスタート。数年後には、ドログバらに請われてコートジボワールの代表監督になる。以後、数々のチームで結果を残してきたハリル。当然、監督就任要請があまた寄せられる。そんななか、ハリルが選んだのは日本。その理由とは…。

 ■圧倒的に攻めても勝てない。容赦のない批判の矛先は監督に
ハリル率いる代表チームは、6月のワールドカップ二次予選の対シンガポール戦でのスコアレスドロー。8月上旬東アジアカップでのまさかの最下位という結果。監督の戦術に不満を示すジャーナリストが後を絶たない。自責で眠れない日々が続いた。負けると病気になる、だから怒る。怒り続ける。自分自身に、選手に、全員に。チームに勝つ文化を植え付けるために…。

 ■息子のような選手たちへ。知将の胸中を、本誌だけに激白!
まさに身を削りながら戦い続けるハリルには、選手たちにどうしても伝えたいことがあった。情熱の知将が本誌に向けて真摯に紡いだ言葉。そこには、波乱万丈な人生を乗り越えてきたからこその、並々ならぬ“重み”があった。ヴァイッド・ハリルホジッチ、こんな魅力的なリーダーはそういない…。

 <アエラスタイルマガジン2015年秋号のその他の内容>

  • 大人のおとこ、「英国流儀」を着るべし。
  • スーツとコートの新ルール
  • 永久保存版 本格革靴のディテール、素材、お手入れ法。
  • JOURNAL ビジネスマンが知るべき「ニュースな視点」(藤田孝典「安倍政権と下流老人」、中空麻奈「世界経済と株式リスク」、マイケール・ブース「ニッポンの不思議」、鹿島 茂「エロスな言葉」 etc.)
  • 作家、池井戸潤。ニッポンを走る「京都・若手職人の心意気」
  • 岸本佐知子翻訳 「アクシデント」デイブ・エガーズ著
  • 長尾智子の週末料理のススメ

 発売:2015年9月24日(木) 定価:900円(税込)
http://www.amazon.co.jp/dp/B011D8PZJ8
http://publications.asahi.com/ecs/98.shtml


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社朝日新聞出版
  4. >
  5. サッカー、ハリルホジッチ監督の本音を独占スクープ!!今どうしても選手に伝えておきたいこととはー