食品が傷みやすいこの時期!『常備野菜と保存方法に関する調査』を実施

常備している野菜のTOP3は 第1位「たまねぎ」、第2位「にんじん」、第3位「じゃがいも」

冷蔵庫の貯蔵物で廃棄が多い品目は生鮮食品(野菜)が70.7%と圧倒的に多い結果に
夏本番前におさらい!無駄なく野菜を使い切るための「野菜の保存のポイント」も紹介
 タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、5月の平均気温が、全国各地で、観測史上最高になるなど、気温の高い日が続き、食品が傷みやすくなるこの時期に、20~60代の女性321名を対象に「冷蔵庫の貯蔵物で廃棄が多い品目」や「家に常備している野菜」など、『常備野菜と保存方法に関する調査』を実施いたしました。

 まず、「冷蔵庫の貯蔵物で廃棄が多い品目」については、「加工食品」(14.6%)や「生鮮食品(肉)」(10.3%)、「生鮮食品(魚)」(7.8%)に比べ「生鮮食品(野菜)」が70.7%と圧倒的に多くなりました。

また、「家に常備している野菜」の第1位は「たまねぎ」(87.2%)、第2位「にんじん」(76.6%)、第3位「じゃがいも」(76.0%)と日持ちする野菜が上位に来ています。「常備している理由」としては、「使い勝手がいい」(75.7%)がトップとなり、次いで「好きな野菜だから」(52.3%)、「長持ちする」(47.7%)となりました。「好きな野菜」というだけでなく、実用性を重視して購入していることがわかる結果となりました。

  タキイ種苗では、今回の結果を受けて、常備野菜の上位「たまねぎ」と「じゃがいも」の『保存のポイント』をご紹介いたします。

 ~調査概要~
◆廃棄が多い品目は「生鮮食品」の中でも「野菜」がトップ、特に40代以上に多い傾向に。
野菜の廃棄率の平均は10.5%。
Q. 冷蔵庫の貯蔵物で廃棄が多い品目はなんですか? (n=321)

冷蔵庫の貯蔵物で廃棄が多い品目はなんですか?


 

 








「冷蔵庫の貯蔵物で廃棄が多い品目」については、「加工食品」(14.6%)や「生鮮食品(肉)」(10.3%)、「生鮮食品(魚)」(7.8%)に比べ「生鮮食品(野菜)」が70.7%と圧倒的に多く、野菜を使い切れていないことがわかります。また、中でも40代以上の野菜の廃棄率が高くなっています。
 

Q. 貯蔵した野菜の廃棄率はだいたい何%ぐらいですか? (n=321)

貯蔵した野菜の廃棄率はだいたい何%ぐらいですか?



貯蔵した野菜の廃棄率は平均10.5%となりました。廃棄率は0%~5%の人が約半数、6~10%の人が約3割と、多数の人が10%以内に収めていましたが、中には40%以上と回答する人もいました。








◆「常備している野菜」のTOP3は「たまねぎ」、「にんじん」、「じゃがいも」。「常備している理由」のTOPは「使い勝手がいいから」と実用性を重視する傾向に。
Q. 家に常備している野菜はなんですか? (n=321)

家に常備している野菜はなんですか

 

「家に常備している野菜」は、第1位は「たまねぎ」(87.2%)、第2位「にんじん」(76.6%)、第3位「じゃがいも」(76.0%)と比較的日持ちがする野菜が上位となりましたが、キャベツやトマト、ネギなどもポイントを集めています。




Q. その理由はなんですか? (n=321)
 

その理由はなんですか?

 





                            


理由に関しては、「使い勝手がいい」(75.7%)がトップとなり、次いで「好きな野菜だから」(52.3%)、「長持ちする」(47.7%)となりました。「好きな野菜」というだけでなく、実用性を重視して購入していることがわかる結果となりました。
また、20代は他の年代よりも、「安さ」を重視していることがわかりました。

◆野菜保存方法についてはとくに気にしていない人が多数。
Q. 野菜を長持ちさせる保存方法を知っていたら野菜名とその方法を教えてください? (n=321)
保存方法について聞いたところ、「新聞やラップにつつんで冷蔵庫へ入れる」、「レタス、キャベツは芯をくりぬいて保存」、「茹でてから冷凍する」といった意見も出ましたが、多数の人が特に何もしていないと回答しました。

 【タキイ種苗『常備野菜と保存方法に関する調査』】
◆調査期間:2015年5月29日(金)~6月2日(火)
◆調査方法:インターネット調査
◆調査対象者:全国在住の20~60代の女性
◆有効回答数:321サンプル]

夏本番前におさらい!野菜の保存のポイント!※常備している野菜TOP2
【たまねぎ】

『ネオアース』

 

冷蔵庫の野菜室は、鮮度を保つために湿度を高くしてあります。タマネギは湿気があるとすぐに芽や根が出て風味が落ちてしまうので、冷蔵庫には切ったものだけを入れるようにしましょう。
 タマネギは風通しのよい場所で保存しましょう。籐(とう)などのカゴが保存に適しています。梅雨の時期はタマネギを1つずつ新聞紙にくるんでおくと湿気対策になります。

 

【にんじん】

『Dr.カロテン5』

 

にんじんは湿気に弱いので、ポリ袋などには入れません。水分を拭き取り、新聞紙に包んで、夏は冷蔵庫の野菜室で、冬は冷暗所で1週間から10日ほどはもちます。冷凍する場合はカットして、しっかりゆでてから冷凍します。






 もっと詳しく知りたい方はこちらからご覧ください http://www.takii.co.jp/tsk/hozon/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. タキイ種苗株式会社
  4. >
  5. 食品が傷みやすいこの時期!『常備野菜と保存方法に関する調査』を実施