6月13日(土)、「東急武蔵小杉駅開業70周年記念入場券」を発売

~開業70周年記念イベントも開催~

当社は、東横線・目黒線武蔵小杉駅が開業から70周年を迎えることを記念して、6月13日(土)に「東急武蔵小杉駅開業70周年記念入場券」(以下、本記念入場券)を発売します。
武蔵小杉駅は、1945年6月16日に開業し、当時は朝夕の時間帯に定期券をお持ちのお客さまのみが乗り降りできる駅でした。その後、1953年には、隣接する「工業都市駅」と統合し、現在の位置で営業を開始しました。2000年には目黒線の延伸、2013年には東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転開始により、さまざまな鉄道会社の車両が通る鉄道ネットワークの拠点となり、多くのお客さまにご利用いただいています。

本記念入場券は、開業以降、武蔵小杉駅を走り抜けた電車の写真をあしらった6枚の入場券がセットになっており、記念台紙のデザインには開業当時の駅舎や改良工事中の様子などがデザインされています。近年発展が目覚ましい武蔵小杉駅の歴史を感じることができる内容になっています。

 また、当日は駅と直結する商業施設「武蔵小杉東急スクエア」と共同で、11:00~15:00まで「東急武蔵小杉駅開業70周年イベント」を開催します。駅係員が制作した「スマートボール」などで遊べる「ゲームコーナー」や「制服撮影会」などの無料イベントも実施し、ご家族で楽しんでいただける内容になっています。
 

きっぷイメージー1

【本文・別紙】
http://prtimes.jp/a/?f=d10686-20150608-8467.pdf

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 東急電鉄
  4. >
  5. 6月13日(土)、「東急武蔵小杉駅開業70周年記念入場券」を発売