ロサンゼルス国際オートショー、スポーティ性とラグジャリー性の両面を示すアルカンターラ

【ロサンゼルス発】
今年のロサンゼルス国際オートショー(開催期間:11月20日~29日)では、アルカンターラにより最高級の内装仕上げを施したさまざまな新モデルが展示され、スポーティ性とラグジャリー性の両面を示しました。アルカンターラはイタリア製のラグジャリー素材として、多数の自動車メーカーのために画期的な技法とスタイリスティックな仕上げとを融合させています。

ポルシェのロサンゼルス出展モデルの一部をご紹介しましょう。新しいケイマンGT4はシート、ステアリング、ドアパネル、ヘッドライナー、ピラー、グローブボックス、シフトレバー、アームレストにアルカンターラを使用していました。911GT3 RSのインテリアにも多数のアルカンターラが採用され、カイエンS e-ハイブリッドでもこのカーボンニュートラルであるイタリア製素材がみごとに使いこなされていました。さらに、カイエンターボS、911カレラ4S、パナメーラ GTS、マカン S、マカン GTS、マカンターボ、ケイマンGTS、スパイダーではダークグレイのアルカンターラが使われていました。

アウディもアルカンターラを内装に使用した多数の車を展示していました。RS7クワトロはシートに亀甲パターンを施したグレイのアルカンターラと天然皮革レザーのコンビネーションを用い、アームレストとフロアマットには対照的な青いステッチが施されていました。ニーパッドには青いカーボン綾織りと組合わせたアルカンターラが使われていました。アルカンターラを採用しているアウディの高級モデルとしてはほかにR8 V10プラス(天井に独特の正方形パターンを使用)、Q7 3.0Tクワトロ、S8プラスなどがありました。

アウディRS-7はシートに亀甲パターンのアルカンターラを使用。さらにドアパネルもアルカンターラ

 

今回のショーに展示されたフォードのF-150ラリアットは、シートには赤い生地がベースのパーフォレーション加工をした黒のアルカンターラを用い、対照的な赤色のステッチを施し、赤のレザーと組合わせています。

リンカーンはロサンゼルスで世界初公開となるMKZのブラックラベル・モデルのインテリア・コレクションにアルカンターラを採用、ヘッドライナー、ピラー、リアデッキを飾っています。リンカーンはさらにコンチネンタル M1、MKX サラブレッド、MKCにもこのプレミアム素材を採用しています。

BMWも内装にアルカンターラを装備した新車を、ロサンゼルス・オートショーにいくつも展示しました。新しい7シリーズ、特に750i x-ドライブセダンではヘッドライナーにトリュフ色のアルカンターラが使われています。M4 GTSではステアリングにアントラサイト[無煙炭]色のアルカンターラが使われ、青と赤のステッチが施されています。アルカンターラ素材はさらにX5 x-ドライブ50i、X6M、M6のインテリアも彩っています。

ロサンゼルス国際オートショーには他にもアルカンターラを採用した車が多く展示されました。たとえばダッジ・チャレンジャーはシートに特殊なきらめきある生地がベースのパーフォレーション加工をしたアルカンターラを使用しています。チャージャー、バイパー、ヘルキャットも同様でした。

日本の高級車ブランドであるアキュラは新NSXを展示。やはりシート、ドアパネル、ヘッドライナーに赤のステッチを施したグレイのアルカンターラが使われていました。

*この発表はグローバルのものです。


アルカンターラとは:
1972年に設立されたアルカンターラ社は、メイド・イン・イタリアの品質を誇る最高級素材を提供しています。アルカンターラ社(Alcantara S.p.A.)の登録商標であり、独自技術により生み出されたアルカンターラ® (Alcantara®)は、他にはない優れた感覚性、美しさ、機能性を兼ね備えた画期的な素材です。驚くべき多様性を持つアルカンターラは、ファッションおよびアクセサリー、自動車、インテリアデザインおよび室内装飾、コンシューマ・エレクトロニクスなどさまざまな分野で一流ブランドに選ばれています。こうした特性、またサステナビリティ(持続可能性)についての真摯な取り組みや認証取得によって、アルカンターラは現代的なライフスタイルの象徴となっています――それは環境を尊重しながら、毎日使うもののよさを追求したい人のためのライフスタイルです。アルカンターラは企業活動全般からの二酸化炭素排出量について、全量の測定・削減・相殺に成功し、2009年に「カーボン・ニュートラル」認証を取得しました。またサステナビリティ分野における企業の取組みを示すために、国際機関であるテュフズード(TUV SUD)の認証を受けた独自の『サステナビリティ・レポート』を毎年公表しています(同社ウェブサイトからもダウンロードできます)。本社をミラノに置き、生産拠点と研究開発施設はウンブリア州の代表的な街であるネラ・モントロにあります。

アルカンターラホームページ(日本語): http://www.alcantara.com/ja/index.d
アルカンターラホームページ(日本語・サイトマップ): http://www.alcantara.com/ja/sitemap/index.do
アルカンターラホームページ(イタリア語):www.alcantara.com
国際規格の取得認証:
UNI EN ISO 9001:2008年取得認証 品質マネージメントシステムの国際規格
ISO/TS 16949:2009年取得認証 自動車産業に特化した品質マネージメントシステムの国際規格
UNI EN ISO 14001:2004年取得認証 環境マネージメントシステムの国際規格適合を示す認証
エコテックススタンダード100:1994年取得認証 製品との接触が人体に害を与えないことを保証
Authenticity認証: インテリアデザイン業界で制定された正規品であることを保証する認証
SA8000認証:2008年3月認証取得 社会的説明責任へのコミットを実証する国際規格
カーボン・ニュートラル認証:2010年取得認証 二酸化炭素排出を環境プロジェクト支援によりゼロ化

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アルカンターラ
  4. >
  5. ロサンゼルス国際オートショー、スポーティ性とラグジャリー性の両面を示すアルカンターラ