YouTubeのプロモーション動画をきっかけに態度変容した人の割合は?

4人に1人が動画を見た後に、商品購入した経験あり

~プレロール型広告を見て、一度でもサイトを訪問したことのある人は2割以上~
株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で直近1年以内にYouTubeで動画を視聴したことがあると回答した、10代~60代の男女960名に対して、『YouTubeに関するアンケート』を実施しました。
 集計データをまとめた全20ページの調査結果レポートを「Fastask」実例レポートページ(https://www.fast-ask.com/report/ )から、無料でダウンロード提供します。
main image
【調査結果の概要】

■4人に1人が、YouTubeの動画をきっかけに商品購入した経験あり
YouTubeで企業の公式プロモーション動画を視聴したことがある人のうち、25.0%の人がその視聴をきっかけに商品やサービスを購入したことがあると回答しました。年齢別で見ると30代が動画の視聴をきっかけに購入に至る人が最も多く(31.7%)、次いで20代(30.9%)が多いということが分かりました。

■4割が、YouTubeの動画をきっかけに商品購入を検討した経験あり
YouTubeでのプロモーション動画の視聴をきっかけに、商品やサービスの購入を検討したことがある人は、38.1%に上りました。年齢別で見ると20代は48.9%、30代は48.8%でした。20代から30代にかけての半数近くの人にとって、動画視聴は商品購入を検討するきっかけとなるようです。

■プレロール型広告をきっかけに、一度でもサイト訪問したことがある人は2割以上
YouTubeで自分が視聴したい動画の前に表示される動画広告(プレロール型広告)をきっかけに、その企業のブランドやサービスのサイトを訪問したことがある人は、23.3%でした。

■YouTubeの動画視聴で、最も参考にするは「動画のタイトル」
YouTubeの動画を視聴する際、何を参考にしているかを聞いたところ、「動画のタイトル」(58.9%)を参考にする人が最も多く、次いで「動画の再生時間」(40.9%)、「動画の再生回数」(37.8%)でした。

■YouTubeの動画視聴は、週に2~3日程度
YouTubeの動画視聴の頻度として、「週に2~3日程度」、YouTubeの動画を視聴する人が最も多く(31.6%)、「毎日」視聴する人(22.3%)と合わせると、53.9%と半数以上の人が頻繁にYouTubeの動画に接触していることが分かりました。


【調査の実施概要】

調査期間 :2014年6月12日(木)~2014年6月13日(金)
調査対象 :Fastaskのモニタのうち、事前の調査で「直近1年以内にYouTubeで動画を視聴した」と回答した10代~60代 の男女960名(80名ずつ均等割り付け)
質問項目 :
・プライベートで動画を視聴する際のきっかけを教えてください。
・YouTubeで動画を視聴する頻度について、あてはまるもるものを選んでください。
・YouTube動画を視聴する際の、「1日あたりの平均視聴時間」についてあてはまるものを選んでください。
・YouTube動画を視聴する際の、「動画1本あたりの平均視聴時間」についてあてはまるものを選んでください。
・YouTube動画を視聴する際の、よく視聴するジャンルについてあてはまるものを選んでください。
・YouTubeで企業動画を視聴した後の状況について、あてはまるものを選んでください。
・動画視聴前に挿入される広告動画の視聴について、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。
・プライベートにおけるYouTube動画の視聴について、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。
・プライベートにおけるYouTube動画の投稿について、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ジャストシステム
  4. >
  5. YouTubeのプロモーション動画をきっかけに態度変容した人の割合は?