静岡県榛原郡川根本町が高速ブロードバンド環境を整備

インターネット接続サービスや行政・防災情報配信サービスを提供

 静岡県榛原郡川根本町(はいばらぐんかわねほんちょう、以下川根本町)は、地理的要因によるデジタルデバイドの解消を目的に「高度情報基盤整備事業」を進めています。本事業において、町内全域に光ファイバと無線による高速ブロードバンド環境の整備を12月15日に完了したことを発表いたします。

 川根本町は静岡県の中央部に位置し、人口7,514人(2015年11月現在)、面積496.72km²のうち約90%を森林が占める緑豊かな町です。南アルプス南部の山麓と前衛の山々が織り成す四季折々の美しい景観の中に寸又峡温泉や接岨峡温泉などが点在し、日本唯一のアプト式鉄道を有する南アルプスあぷとライン、SLが走る大井川鐵道、徳山のしだれ桜など観光資源に恵まれています。2014年6月には川根本町全域を含む南アルプスエリアがユネスコエコパークに登録されました。
 

川根本町


 川根本町は、中山間地域という地理的条件から民間事業者による高速ブロードバンド環境の整備が進んでいませんでした。そのため、都市部との情報格差の解消および、豊富な観光資源などの地域情報の発信、医療・教育への活用などを目指し、耐障害性の高い光ファイバと無線による高速ブロードバンド環境の整備を計画しました。公設民営方式で京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 佐々木 節夫、以下KCCS)がインフラ構築を担当し、12月15日に町内全域での整備が完了しました。


 またKCCSは本事業を進めるにあたり、地域に密着した迅速な対応と高品質な運用サービスの提供に向け、事業運営会社として東海ブロードバンドサービス株式会社(本社:静岡県川根本町 取締役社長 秦野 仁志、以下TBBS)を設立しました。
 TBBSでは、ブロードバンド環境の町内全域整備の完了に先立ち、9月13日からインターネット接続サービス「やませみネット」を提供し、川根本町が行政・防災情報などを配信する「かわねフォン」を運営しています。

 「かわねフォン」は全世帯に設置され、以下の機能が提供されます。


・お知らせ機能
 回覧板やホームページなどで提供している行政情報や地域行事などの案内を、文字や画像で確認できます。
 音声での読み上げも可能なため、高齢者の方でもより分かりやすく情報を確認できます。

・告知放送機能
 火事や豪雨などの緊急情報が最大音声で放送されます。
 地図の添付により、避難場所などの位置も確認できるため、緊急時でもより正確・迅速に情報を確認できます。

・IP電話機能
 地域内(かわねフォン同士)は無料でIP電話とテレビ電話での通話ができます。
 顔を見ながら会話ができるテレビ電話は、一人暮らしの高齢者の見守りや健康相談などにも活用できます。
 また、かわねフォンから固定電話や携帯電話との通話も低料金で利用できます。

・動画視聴機能
 町内で開催された催し(運動会や祭り)などの様子を町広報紙の動画版として視聴できます。


 さらに今回の整備事業と合わせて、駅や観光スポットでの通信料無料のインターネット接続や、ソーラー発電と蓄電池を組み合わせて災害時でも通信手段が確保できる公衆無線LANシステム「観光・防災Wi-Fiステーション」を整備し、観光客へのサービス向上、防災対策強化の取り組みも進めています。

 川根本町では、今後高速ブロードバンドのさらなる利活用に向け、バーチャルホスピタル(遠隔診断)などの医療支援や、高齢者の見守りなどの福祉支援、学校教育への活用など、住民サービスの向上に取り組んでいきます。

 KCCSグループは今後も地域に密着したパートナー企業として、光ファイバと無線による高速ブロードバンドの整備や、IP告知システムと組み合わせた防災・医療・介護に関するソリューションなどを提供する社会システム事業を展開し、地方創生を支援して参ります。
 

 


*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. KCCS
  4. >
  5. 静岡県榛原郡川根本町が高速ブロードバンド環境を整備