世界最大級の権威あるワインイベント「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス2016」にシャトー・メルシャンが今年も日本から唯一の選抜招待!

2016年版「ワイン・スペクテイター」でも、日本ワインで最高点となる90点を獲得

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、10月20日(木)からアメリカ・ニューヨークにて開催される世界最大級の権威あるワインイベント「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス 2016」に、山梨県甲州市勝沼町のワイナリー「シャトー・メルシャン」が日本で唯一となる選抜招待を受けました。
また、今年の「ワイン・スペクテイター」では、「シャトー・メルシャン 城の平カベルネ・ソーヴィニヨン 2012」が日本ワインで最高点となる90点を獲得し、計9品が85点以上を獲得しました。
世界最大級のワインイベントである「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス」に、1991年の初選抜以来、当社が招待を受けるのは今年で14回目となります。同イベントのハイライトであるグランド・テイスティングには、日本を代表するワイナリーとして「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」を出品し、日本ワインの国内外におけるさらなる普及と価値向上に貢献します。

「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス」とは>
・米国のワイン専門誌である「ワイン・スペクテイター」が毎年10月に3日間にわたって開催している世界最大級のワインイベント。会期中にはセミナーをはじめ、あらゆるワインプログラムが組まれ、世界最大級のワインイベントである「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス」には、フランスの「シャトー・マルゴー」やアメリカの「ロバート・モンダヴィ」、チリの「コンチャ・イ・トロ」など世界中から250を超えるトップワイナリーが参加しています。・同イベントのメインイベントのひとつである「グランド・テイスティング」と呼ばれるワイン試飲会には、「ワイン・スペクテイター」から招待を受けたワイナリーのみが出品可能となっています。シャトー・メルシャンは日本で唯一招待されており、1991年の初選抜以来、当社が招待を受けるのは今年で14回目となります。

【イベントの概要】
◆開催名:「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス 2016(New York Wine Experience 2016)」
◆会期:2016年10月20日(木)~22日(土) ※グランド・テイスティングは 10月20日(木)、21日(金)(現地時間)
◆会場:New York Marriott Marquis (1535 Broadway, New York, NY)◆主催          「ワイン・スペクテイター(Wine Spectator)」誌

【出品アイテム「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」の概要】
・ワイン専門誌「ワイン・スペクテイター」がWEB上で評点を実施する「ワイン・スペクテイター・オンライン」で、2015年に90点を獲得したワインです。
・1976年からメルローの植栽を始め、1985年産の初ヴィンテージの誕生以来、「シャトー・メルシャン桔梗ヶ原メルロー」は日本を代表する赤ワインの一つとして評価されてきました。華やかな香りが時間とともに広がり、繊細な味わいの中に厚みと力強さを感じさせるワインです。
 


<「ワイン・スペクテイター」評点について>
・世界最大の発行部数を誇り、ワイン市場に強い影響力を与えるアメリカのワイン専門誌「ワイン・スペクテイター」がWEB上で世界中のワインを100点法(以下参照)で評価するものです。

 95-100 Classic:偉大な素晴らしいワイン
 90-94 Outstanding:傑出したワイン
 85-89 Very good:とてもよいワイン
 80-84 Good:よいワイン
 75-79 Mediocre:並のワイン
 50-74 Not recommended:おすすめできないワイン
 

【2016年シャトー・メルシャン評点の概要】
・「シャトー・メルシャン 城の平カベルネ・ソーヴィニヨン 2012」:90点
・「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス 2013」:89点
・「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2012」:88点
・「シャトー・メルシャン 長野メルロー 2013」:88点
・「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード メルロー 2013」:88点
・「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 キュヴェ・ウエノ 2014」:87点(※1)
・「シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ 2014」:86点
・「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2015」:85点(※1)
・「シャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ 2015」:85点(※1)
※1 昨年は「シャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ 2014」が87点を獲得しています。今年も日本固有品種である「甲州」種のワインが3品も85点以上の評点を獲得したのは特筆すべき快挙です。
 

 
【「シャトー・メルシャン 城の平カベルネ・ソーヴィニヨン 2012」の概要】
・世界最大の発行部数を誇る米国のワイン専門誌「ワイン・スペクテイター」がWEB上で評点を実施する「ワイン・スペクテイター・オンライン」にて、「シャトー・メルシャン城の平カベルネ・ソーヴィニヨン2012」が日本ワインの中で最高点となる90点を獲得しました。当社が90点を獲得するのは、2013年・2015年に続き3回目の快挙です。
 


・「ワイン・スペクテイター」からのテイスティングコメント:
非常に骨格のしっかりした赤ワインで、ブラックチェリーやプラムの風味にリコリス、スモーキーな香りがあり、ミネラルの要素も感じられる。しっかりとしたタンニンとフレッシュな酸味のバランスがよく、最後に少しスパイシーさが感じられる。飲み頃は現在から2022年頃まで。
 
メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. メルシャン株式会社
  4. >
  5. 世界最大級の権威あるワインイベント「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス2016」にシャトー・メルシャンが今年も日本から唯一の選抜招待!