松戸で創立50周年「聖徳大学短期大学部」が、2月13日(土)に『「地域」とつながる「学び」』をテーマにしたシンポジウムを開催

「学び」・「地域」・「つながり」について、参加者や地域の皆さんとともに考えるシンポジウム

千葉県松戸市で創立50周年を迎えた聖徳大学短期大学部が、2月13日(土)に『「地域」とつながる「学び」』をテーマにシンポジウムを開催します。
基調講演・パネルディスカッションの他、地域志向活動に関するパネル・ビデオ、成果物等の展示等を行います。当日参加も可能ですので、ぜひお越しください。

 

【タイトル】   

聖徳大学短期大学部 創立50周年記念
聖徳大学短期大学部 地(知)の拠点シンポジウム
『「地域」とつながる「学び」』

        
【日時】
平成28年2月13日(土)13:00~16:30
・活動報告展示/12:00~17:00
・情報交換会/17:00~18:00

【会場】
聖徳大学1号館 香順メディアホール
(松戸駅東口徒歩5分)

 

【プログラム】
■開会挨拶
■基調講演
 講師:納谷廣美氏(地(知)の拠点大学による地方創生推進事業選定委員会委員長)
■事例発表
 蓑輪裕子氏(総合文化学科 教授)
 添田彩夏さん・森山優希さん(総合文化学科2年)
 藪中征代氏(保育科 教授)
 平山瑞希さん・高橋千咲さん・篠塚美穂さん・田谷直実さん(保育科[第一部]2年)
 ■パネルディスカッション
 『「地域」とつながる「学び」-その成果と課題について考える-』
<パネラー>
 薄葉博司氏(松戸商工会議所 専務理事)、
 寺田美子氏(学校法人松本学園 しんまつど幼稚園 園長)、
 佐藤はつかさん(総合文化学科2年)、岸田真子さん(保育科[第一部]2年)
 松戸市総合政策部 政策推進課長
<コーディネーター>
 野中博史(総合文化学科長)、塚本美知子(保育科[第一部]長)
■閉会挨拶
■情報交換会
 聖徳大学8号館1階「カフェハーモニー」(会費:1,000円)

【開催趣旨(大学より)】
聖徳大学短期大学部は、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の採択を受け、これまで以上に地域を志向した大学をめざし、改革を進めています。特に教育面では、アクティブラーニング、サービスラーニング型教育体系や課題解決型教育体系などの新カリキュラムを導入し、地域の課題解決に取り組みながら、地域で学ぶ授業を展開、地域で活躍できる人材育成に取り組んでいます。
本事業3年目、本学創立50週年を迎えた本年、『「地域」とつながる「学び」』をテーマに、シンポジウムを開催する運びとなりました。本学学生、教員による事例発表、パネルディスカッションを通じて、「学び」、「地域」、「つながり」について、皆様とともに考える機会となれば幸いです。

【申し込み】
<定員>
 先着160人
 参加ご希望の方は必要事項をご記入いただき、FAXまたはEメールでお申込みください。
<必要事項>
 氏名(ふりがな)、所属、住所、電話番号、メールアドレス、情報交換会参加の有無
 E-Mail:tancoc@seitoku.ac.jp
 FAX:047-363-1401
  • チラシのPDFファイルはこちら
http://prtimes.jp/a/?f=d15010-20160209-1818.pdf
  • 聖徳大学ホームページはこちら
http://www.seitoku.ac.jp/chizai/coc/topics/2016/3445/

【本件に関するお問い合わせ先】
■聖徳大学 知的戦略課
所在地:千葉県松戸市岩瀬550
TEL:047-365-1111(代表)、FAX:047-363-1401
E-Mail:tancoc@seitoku.ac.jp
■松戸市 総合政策部 政策推進課
TEL:047-366-7072
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 松戸市役所
  4. >
  5. 松戸で創立50周年「聖徳大学短期大学部」が、2月13日(土)に『「地域」とつながる「学び」』をテーマにしたシンポジウムを開催