ニュージーランド航空 成田-オークランド線 2015年12月よりB787-9で週10便運航

ニュージーランド航空は、2015年12月~2016年3月において成田-オークランド線の運航を週10便に増便します。また、成田-オークランド間の運航には2015年8月中旬よりすべてボーイング787-9型機が導入されることになり、座席供給数が7%増加します。
同時に、これまで冬期に運航していた成田-クライストチャーチ便を運休します。代わって、成田-オークランド線を拡充することで、よりスムーズな国内外への乗り継ぎが可能となり、お客様の様々な旅の形に合わせた選択肢をご提供することができるようになります。

なお、クライストチャーチ発着便は今後も確実な座席供給数増加が見込まれています。ニュージーランド・クライストチャーチとオーストラリア・パースを結ぶタスマン路線の季節運航の継続、またニュージーランドとオーストラリアのその他の都市を結ぶ路線や国内路線において、2015年7月~2016年6月の1年間で、座席供給数は25万席増加する予定です。

ニュージーランド南島は、クライストチャーチやクイーンズタウンなど、重要な観光拠点を多く擁し、これまでも多くの日本人旅行者にご訪問いただいております。ニュージーランド航空では、お客様の南島へのご旅行を今後も重要視し、アクセスのよい便と質の高いサービスを提供してまいります。

【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に25都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に2014年、2015年の2年連続で選ばれるなど、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。

公式ホームページ:http://www.airnewzealand.jp
Facebook:http://www.facebook.com/AirNZJP
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ニュージーランド航空 日本地区
  4. >
  5. ニュージーランド航空 成田-オークランド線 2015年12月よりB787-9で週10便運航