江戸硝子「綾 -aya-」と東京復刻硝子「BRUNCH」の取り扱いを開始

Made in Tokyo。熟練職人の技が息づく逸品の数々。

BAR TIMES STORE TOKYO (飯田橋)、 BAR TIMES STORE ONLINEは、東京で最も古い(明治32年創業)硝子メーカーの一つである廣田硝子のコレクションから、江戸硝子「綾 -aya-」と東京復刻硝子「BRUNCH」の取り扱いを開始しました。

 

株式会社北澤企画事務所(東京都文京区 代表取締役社長 松渕健二)が運営する、BAR TIMES STORE TOKYO (飯田橋)、 BAR TIMES STORE ONLINEは、東京で最も古い(明治32年創業)硝子メーカーの一つである廣田硝子のコレクションから、江戸硝子「綾 -aya-」と東京復刻硝子「BRUNCH」の取り扱いを開始しました。熟練職人の技が息づく「​Made in Tokyo」の美しい器です。

江戸硝子 “綾” -aya-”
琥珀のガラスに伝統的江戸切子の「あられ紋」を施した逸品
手の中で無数の光が交差する美しい酒器。 東京下町に受け継がれてきた職人の技が光ります。
「綾」とは斜めに交差する織物の総称。ノスタルジックな雰囲気を持つ琥珀のガラスに伝統的江戸切子の「あられ紋」を施した、東京下町の熟練職人の手による逸品です。どこか懐かしく、それでいて新鮮な切子の「綾」が、光と心地よさを演出いたします。すべて木箱入りです。贈り物にもどうぞ。
 

 

 

東京復刻硝子「BRUNCH」
1950年代、廣田硝子が欧米諸国に輸出していた商品を復刻
古くから伝わる日本の技術。どこか懐かしさを感じる「Made in Tokyo」のこだわりグラス。
日本においてガラスは、古くから装飾、工芸として技術が培われてきました。その後、明治政府が富国強兵の一環として品川に官製ガラス工場を作り、ガラス食器が徐々に一般家庭の生活に根付き始めました。そして昭和になり、戦後、高い生産・加工技術を誇る日本のガラス食器を欧米諸国に出荷しておりました。かつて、1950年代に廣田硝子が欧米諸国に輸出していた商品の中から、今の生活に使いやすい商品の復刻を試み、東京復刻ガラス「BRUNCH」として復刻しました。当時と同じ「東京生産、東京加工」にこだわった、まさにMade in Tokyoの逸品です。

 

BAR TIMES STORE ONLINE
http://www.bar-times-store.com/

江戸硝子 “綾” -aya-”
http://www.bar-times-store.com/products/list.php?name=%E7%B6%BE&search.x=0&search.y=0

東京復刻硝子「BRUNCH」
http://www.bar-times-store.com/products/list.php?name=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%BE%A9%E5%88%BB+&search.x=20&search.y=4

BAR TIMES STORE TOKYO 
http://www.bar-times.com/contents/14165/

株式会社 北澤企画事務所 
112-0004 東京都文京区後楽2-2-10 松屋ビル4F
TEL / 03-6801-5523 FAX / 03-6801-5524 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社北澤企画事務所
  4. >
  5. 江戸硝子「綾 -aya-」と東京復刻硝子「BRUNCH」の取り扱いを開始