山中湖に水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」登場!

main image
富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、取締役社長:堀内光一郎)は、
4月30日(土)より山中湖にて、県内初となる水陸両用バス「YAMANAKAKO NO
KABA」の運行を開始いたします。
車輪とスクリューを備え、陸の上でも水の中でも走行が可能な「YAMANAKAKO
NO KABA」は、四季折々の表情を見せる富士の麓の森林地帯を走行した後、
「陸からそのまま湖に入る」という非日常的な瞬間を経て、いよいよ雄大な
富士を望む山中湖を優雅にクルージングいたします。このバスに乗れば、
一台で陸から湖上から、世界に誇る富士山と山中湖の自然の素晴らしさを、
どなたでも気軽に”五感”で体感していただけます。
車両のデザインは、先行して昨夏登場した屋根のないオープンバス「KABA
BUS」と同じく、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏によるもので、水と陸の
両方で生活する動物の王者であり、古代エジプトの守り神でもあるカバを
イメージしてデザインされています。
また、7月1日(金)からは、ミステリーツアー風の衣装を纏ったガイドが
お出迎えをし、ナビゲーター役のKABAとの絶妙な掛け合いをお楽しみいた
だける演出を施します。富士山や山中湖の大自然、文化的な背景等をお客様と
のインタラクティブなやりとりで解き明かしていくことにより、一体感を
持ってお客様にご参加いただけます。
光・風・森・水しぶきといった自然の要素を感じられる工夫と、富士五湖
エリアの歴史・文化・自然を知ることのできる学びの要素に加え、その独特の
形状とデザインから、沿道の人々から見て楽しそうに映るパフォーマンス性と
注目を集めることによる高揚感が備わった、新しい形のエンターテインメント
をお楽しみください。


【YAMANAKAKO NO KABA 基本情報】

1.運行概要
〈プレ運行〉
※4/30~6/28はプレ運行期間とし、演出等を省略した短縮コースで
運行します。
① 運行期間 平成23年4月30日(土)~6月28日(火)
② 運行回数 4月30日~6月28日 5便/日
③ 乗車時間 4月30日~6月28日 約30分
       (※陸上走行15分、湖上走行15分)
④ 発着場所 旭日丘バスターミナル
⑤ 定休日  4月30日~6月28日 水曜日・木曜日
⑥ 料金   4月30日~6月28日 大人1,500円、小人750円
〈正式運行〉※季節によって変更あり
① 運行期間 平成23年7月1日(金)~
② 運行回数 7月1日~ 7便/日
③ 乗車時間 7月1日~ 約45分
 (※陸上走行20分、湖上走行25分)
④ 発着場所 旭日丘バスターミナル
⑤ 定休日  7月1日~ 木曜日
⑥ 料金   7月1日~ 大人2,000円、小人1,000円

2.車両諸元 全長11.9m/幅員2.48m/高さ3.7m
座席数34席
航海速力6.5ノット

3.アクセス 旭日丘バスターミナル
鉄道:富士急行線 富士吉田駅(7/1~「富士山駅」)よりバス約25分、
   旭日丘下車。
高速バス:中央高速バス富士五湖線、山中湖ターミナル下車
東富士五湖道路 山中湖I.Cよりクルマで10分

4.予約・お問合せ 富士急山梨バス株式会社
KABA予約専用ダイヤル 0555-72-6969(受付時間7:30~18:30)
(※ご予約はご乗車日の1ヶ月前からとなります)
http://transportation.fujikyu.co.jp/transportation/kaba/suiriku/index.html

※水戸岡鋭治氏プロフィール
日本を代表する工業デザイナー。九州新幹線「つばめ」や「富士登山電車」を
始め、建築・鉄道車両・グラフィック・プロダクトなどさまざまな分野の
デザインを手がけ、数多くの賞を受賞。
㈱ドーンデザイン研究所代表
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 富士急行株式会社
  4. >
  5. 山中湖に水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」登場!