デルタ航空、福岡-ホノルル、名古屋-ホノルル間ノンストップ便を増便

main image
好調な市場ニーズを背景に、冬期シーズンに向けてデイリー化を決定

【福岡、名古屋、2012年7月31日】 – デルタ航空(NYSE: DAL)は、福岡-ホノルル線および名古屋-ホノルル線を増便し、冬期期間(10月~3月)中、毎日運航します。詳細は以下のとおりです。

<福岡-ホノルル>
福岡-ホノルル直行便は、2011年12月に季節運航便として就航以来、好調な市場ニーズに支えられ、ゴールデンウィークや6月の追加運航、夏季繁忙期のデイリー化など、増便を重ねてきました。このたび9月末以降の継続運航が決定し、通年運航となります。

また、福岡での運航拡大に伴い、営業担当者が常駐する福岡営業事務所を開設しました。これにより、旅行会社やパートナーとのより緊密かつタイムリーな連携が可能となりました。

便名/出発/到着/ 機材/運航頻度
DL598/福岡発7:55p.m./ホノルル着8:45 a.m./B767-300ER/毎日*
DL599/ホノルル発12:05 p.m./福岡着5:55 p.m.(翌日)/B767-300ER/毎日*
*9月末から10月末の期間中、機材繰り等の理由から10日間の特別運休日が設けられています。詳しい運航スケジュールはデルタ航空ウェブサイトおよび旅行会社にてご確認ください。

<名古屋-ホノルル>
名古屋-ホノルル直行便は、冬期は週6日の運航予定でしたが、堅調な市場ニーズに応じるため、デイリー運航を継続することを決定しました。

便名/出発/到着/ 機材/運航頻度
DL612/名古屋発9:35p.m./ホノルル着9:55 a.m./B767-300ER**/毎日
DL611/ホノルル発 2:40 p.m./名古屋着7:40 p.m.(翌日)/B767-300ER**/毎日
**名古屋-ホノルル便は10月1日から27日の間、全298座席のエアバス330型機での運航となり、10月28日から209席のボーイング767での運航に戻ります。

デルタ航空日本地区営業本部長、伊藤正彰は次のように述べています。「福岡・九州地区および名古屋・中部地区のお客様からのご愛顧、旅行会社はじめパートナーの皆様の多大なるご支援により、両地域でのホノルル線の運航を拡大することができました。福岡では営業事務所を開設し、より迅速かつ、きめ細やかな営業活動ができるようになりました。専任を置いた営業事務所の開設は、当社の福岡-ホノルル線にかける強い意気込みの表れといえます。」

デルタ航空は、米国航空会社の中で最多の日本発着便を運航しています。ハワイのホノルルへは、成田空港、関西国際空港、名古屋セントレア、福岡空港からノンストップ直行便を運航しています。また、成田空港をアジア地域のハブ空港と位置付け、米国本土8都市、ハワイ、グアム、サイパン、パラオのリゾート4都市、アジア8都市に向けて直行便を運航しています。また、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港セントレアからも毎日直行便を運航しています。

*当リリース内の運航計画については、政府の認可を前提としています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デルタ航空
  4. >
  5. デルタ航空、福岡-ホノルル、名古屋-ホノルル間ノンストップ便を増便