クラウドワークス、地方創生の現場を学ぶ「里山研修」を実施 新潟県十日町市と連携し、地域資産の活用を学ぶ研修プランを開発

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、新潟県十日町市(市長:関口芳史)と連携し、2015年6月6日・7日の2日間にわたり、新潟県の越後妻有(えちごつまり)地域での社員研修を実施いたしますのでお知らせいたします。

 

 

1.概要
当社は、2012年3月21日にクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」のサービスを開始。以来、全国の企業と個人で働く人々をつなぎ、時間や場所にとらわれずに働く機会を提供するプラットフォームとしてサービスの改善に取り組んでおります。2015年5月には会員数64万人を突破、クライアント企業も9.2万社に達しておりますが、当社サービスを通じて流通される仕事の約9割が東京以外で受注されているという現状を受け、地方で暮らす人々を意識できる企業文化を形成することの必要性を感じておりました。

こうした中、今回当社では、近年日本各地で盛んに行われている「アートによる地域づくり」の先駆けとして知られる「大地の芸術祭」の開催地「越後妻有」(新潟県十日町市・津南町)での社員研修の実施を決定いたしました。本研修では、新潟県十日町市と芸術祭の事務局を務めるNPO法人越後妻有里山協働機構(所在地:新潟県十日町市 理事長:若井明夫 以下「里山協働機構」)の協力のもと、同地域に展示されているアート作品の保全ならびに2015年夏に開催される芸術祭の作品制作への参加や、棚田での里山の景観保全活動などを体験。これらを通じて、地域の資産を活かした地方創生への取り組みの実際を学ぶと共に、野外活動を通じたチームワークの強化に取り組んでまいります。

なお、今回の当社の企業研修プログラムの実施に際しては、株式会社JTB国内旅行企画(本社:東京都品川区  代表取締役社長:大谷 恭久)がパッケージプランの企画・造成を担当。今後、里山協働機構とJTB国内旅行企画では、今回の当社の企業研修の取り組みをモデルプランとして、越後妻有エリアをはじめとした全国の地域資産を活かした社員研修プログラムのメニュー開発に取り組んでまいります。

2.研修プログラム詳細
■日時:2015年6月6日(土)~6月7日(日)
■場所:越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町)             
■内容:(1)里山アートの制作・保全活動
           (2)日本の原風景といわれる棚田の保全活動などの体験
■行程:
【1日目:6月6日(土)】
越後妻有レクチャー・昼食(11:00~13:00)=里山アートの制作・保全活動(13:00~17:00)=地元住民によるレクチャー・宿泊@三省ハウス

【2日目:6月7日(日)】
里山アートの制作・保全活動(8:00~12:00)=棚田保全活動(13:00~16:00)

 

写真:里山研修の実施イメージ






 

3.「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」について

~地方創生のモデル 人口約7万人の土地に50日間で約49万人が来場~
2000年から3年に1回開催される「大地の芸術祭」は、豪雪地として知られ、過疎高齢化に悩む新潟県十日町市・津南町のおよそ200の集落そのものをキャンパスとして開催される、世界最大級の国際芸術祭です。日本の原風景ともいうべき里山の風景と、世界的アーティストたちによる先端的な芸術作品が共存するこの芸術祭では、作品制作のために世界各国からのアーティストや学生が長期間滞在するほか、国内外から多くの観光客が訪れ、2012年は会期中の51日間に約49万人が来訪しました。本祭は瀬戸内国際芸術祭など現在日本各地で盛んに行われている「アートによる地域づくり」のモデルとなった先駆的取組みとしても知られており、2015年2月の国会でも、公明党の山口代表が「地方創生の取り組みの好例」として大地の芸術祭を紹介しております。第6回目を迎える本年の芸術祭は、2015年7月26日(日)から9月13日(日)までの開催を予定しており、35の国と地域、約350組のアーティストによるアート・イベントが展開される予定です。

 

4.株式会社クラウドワークスについて

当社は、「”働く”を通して人々に笑顔を」をミッションに、インターネットで仕事を受発注することができる日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス(http://crowdworks.jp/)」を展開しております。日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」選出、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークススタイル革新賞(審査委員会特別賞)受賞。地方行政および地域の150団体と連携して地方創生に取り組んでおり、岐阜県や福島県南相馬市との提携、2015年には宮崎県日南市と共同でクラウドワーキングでの地域就労支援プロジェクトを開始いたしました。

 当サービスでは、2015年5月現在64万人を超える登録ユーザーにご利用いただいており、クライアント数は上場企業を筆頭に9.2万社に達し、経産省・国交省・外務省・総務省・環境省・農水省の政府6省を筆頭に、約20の行政関連団体にもご利用いただいております。これらの団体・企業と個人がオンライン上で直接つながることで、個人にとっては時間や場所にとらわれない新しい働き方、団体・企業にとっては柔軟かつスピーディで費用対効果の高い、新しい人材活用のあり方を提案いたします。さらには、仕事のみならず教育、社会保障の提供により個人が安心して働けるインフラを構築することで、多様な働き方を自由に選ぶことができる、笑顔あふれる世界を作ってまいります。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区神南1-18-2 フレーム神南坂3階
設 立:2011年11月11日
事業:エンジニア・クリエイターのクラウドソーシングサービス
資本金:1,440,698千円
URL: http://www.crowdworks.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社クラウドワークス Email:info@crowdworks.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. クラウドワークス
  4. >
  5. クラウドワークス、地方創生の現場を学ぶ「里山研修」を実施 新潟県十日町市と連携し、地域資産の活用を学ぶ研修プランを開発