メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車」が名古屋鉄道の系統板に登場!

メ~テレ(名古屋テレビ放送)では、今年もメ~テレドラマ「名古屋行き最終列車」を、2月1日(月)~4日(木)まで4夜連続で放送します。この番組をPRする、オリジナルデザインの系統板を掲出した車両が、名古屋鉄道で1月18日(月)から運行されています。
系統板とは、通常、列車の行き先を示すため、先頭や最後尾の車両に取り付けられるものですが、名古屋鉄道の協力により、昨年に引き続き今回もドラマPRのため、主演の松井玲奈さんをデザインしたものが掲出されます。テレビドラマPRの系統板は、名古屋鉄道では昨年のメ~テレドラマ「名古屋行き最終列車」から2回目で、鉄道ファンやアイドルファンにも注目の系統板です。

系統板の取り付け作業

系統板を取り付けた名鉄の車両

 

1月18日(月)に名鉄常滑線大江駅で、6000系車両の先頭部と最後部に、松井玲奈さんデザインの系統板の取り付け作業が行われました。名鉄小牧線、瀬戸線を除く各路線で、2月4日(木)まで運行します。

メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車」は、名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、乗客たちの人生のふれあいを描いたヒューマン・コメディー・ドラマで、今回の作品が第4弾となります。
名古屋鉄道の沿線が舞台となっており、実際の撮影も名鉄沿線の駅や車両で行われました。

2012年放送の第1弾は「東京ドラマアウォード2013ローカル・ドラマ賞」、2014年放送の第2弾と2015年放送の第3弾は「平成26年、27年日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞」を連続受賞した、メ~テレの冬の風物詩とも言えるこのドラマが今年も放送となります。ぜひご期待ください。

【系統板掲出実施概要】
■掲出期間:2016年1 月18 日(月)~2 月4 日(木)
■掲出車両:6000系車両1編成
■掲出箇所:車両前面部(前後2箇所)  前方、後方:松井玲奈デザイン
■運行エリア:名鉄小牧線・瀬戸線を除く全線

系統板のデザイン

 

【番組概要】
■タイトル:「名古屋行き最終列車」
■番組内容:名古屋鉄道を舞台に、名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、乗客たちの人生のふれあいを描いたヒューマン・コメディー・ドラマ
■脚本:菊原共基
■監督:神道俊浩(メ~テレ)
■プロデューサー:大池雅光(メ~テレ)
■出演:松井玲奈 六角精児 大杉 漣 石野真子 吹越 満 松下由樹 いとうあさこ 野間口 徹 宮﨑香蓮 波岡一喜 谷 花音 江上敬子(ニッチェ) 小林 豊(BOYS AND MEN) ほか
■放送日時:2月1日(月)~4日(木) 深夜0:20~深夜0:50 4夜連続放送 
■放送エリア:東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)
■番組ホームページ:http://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2016/
また、メ~テレで放送したこの系統板のニュースは、動画サイト「YouTube」のメ~テレ公式チャンネルでも見ることができます。(URL:https://www.youtube.com/user/MeiteleCH

「名古屋行き最終列車」より

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. メ~テレ
  4. >
  5. メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車」が名古屋鉄道の系統板に登場!