ガーミンから新型ランニングGPSウォッチを使った次世代トレーニングを提案

これまでのタイム、距離、ペースや心拍を使ったトレーニングでは満足できない最先端のランナーへ

米国・ガーミン社正規代理店 株式会社いいよねっと(本社:埼玉県富士見市ふじみ野東 1-7-6 代表取締役:真鍋 陽一 http://www.iiyo.net)は、GPS搭載ランニング用リストウォッチ「ForeAthlete620J」と「ForeAthlete220J」の2機種を4月末頃に新発売致します。
main image
タイムと心拍だけしか計測できなかったランナー用ウォッチに、「GPS」を活用した距離とペースという新たな指標を提案してきたガーミン・フォアアスリート。
今回新発売のForeAthlete620JとForeAthlete220Jは、より小さく軽く薄くファッショナブルになりながらも大幅な機能強化を図りました。

ForeAthlete620Jでは、Gセンサー内蔵の新型ハートレートセンサーHRM-Runと組み合わせる事により、更なるトレーニングデータ分析を可能とした次世代トレーニングを提案致します。

■ランニング・ダイナミクス

身体上下動:ランニング中の上下動を1mm単位で計測しフォーム改善に役立てることが出来ます。
接地時間:シューズが地面に接している時間を1/1000秒単位で計測しフォーム改善に役立てることが出来ます。

■VO2max

これまではマスクを装着しトレッドミルで計測していたVO2max(最大酸素摂取量)が気軽に計測可能。

■リカバリータイム

VO2maxと運動強度を元に回復時間を推測し、トレーニングのし過ぎを防ぎ効率アップに繋げます。

その他、レースタイム予測機能、トレーニング効果測定機能も装備。

・グローブや濡れ対応のタッチパネルと4つのボタンでスムーズな操作
・Wi-Fiダイレクト接続でワンタッチでトレーニング結果の送信が可能

ForeAthlete620JとForeAthlete220Jの共通の特徴としましては、

・低反射で見やすいカラーディスプレー
・本体内Gセンサー内蔵により、ピッチ/ストライドが計測可能になりトンネル内の計測にも対応
・ガーミンが世界で最初に対応した「みちびき」の受信により市街地のGPS精度がアップ
・フルマラソンやトレーニングで必要十分なバッテリー駆動10時間へアップ
・Bluetooth SMART経由でスマホアプリ「Garmin Connect Mobile」と連携し、データの送受信/閲覧に対応
・スマホ経由で位置情報を発信、ランニング中の位置情報を公開する事が可能です
・インターネット経由で7日分の衛星情報を記憶し、GPS受信までの時間を大幅短縮
・アラートは、バイブレーション、アラームに加え、バックライト点灯で通知タイミングを逃しません
・汗抜けの良い新開発ベルト
・スプリットタイム(積算時間)の計測を新採用
・バックライトのナイトモードや「位置」を基点とした自動ラップは日本版オリジナル機能

●ForeAthlete620J(フォアアスリート620ジェイ)主な仕様

ハードウェア

・本体寸法 :45mm(幅)× 45mm(縦)× 12.5mm(厚)
・重量(電池込み) :43.6g
・ディスプレイ :25.4mm x 25.4mm / カラー 180x180ピクセル / 水濡れ&グローブ対応タッチパネル
・GPSチップ :みちびき対応高感度タイプ(A-GPS対応)
・防水 :50m完全防水
・使用電池 :充電式リチウムイオン電池
・稼働時間 :10時間/時計モード6週間
・インターフェース :ANT+Sports対応 2.4GHz帯ワイヤレス/Bluetooth/Wi-Fi
・操作ボタン:4ボタン
・Gセンサー:本体と新型ハートレートセンサーHRM-Runに内蔵

トレーニング機能

・データ容量 :約200時間分
・取得可能データ:タイム、距離、ペース、スピード、ピッチ、ストライド、カロリー、※効果、※VO2max、※上下動、※接地時間、※心拍など約43種類のデータ。※新型ハートレートセンサーHRM-Run使用時
・トレーニングの種類:マイワークアウト、インターバル、各種アラート(心拍、ラン&ウォーク、ペース、ピッチ、時間、距離、カロリー)
・自動ポーズ:信号で止まると計測も自動停止、再スタートで計測も自動再開
・自動ラップ:指定距離と特定の「位置」を基点に自動的にラップを刻みます
・アラート通知:音、バイブレーション、バックライトで的確に通知
・バーチャルパートナー:設定ペースや走行履歴データを元に仮想の伴走者と走行可能
・VO2max:最大酸素摂取量(HRM-Run)
・リカバリーアドバイザー:運動強度を元に回復時間を推測(HRM-Run)
・レース予想タイム:5km/10km/ハーフ/フルマラソンの完走予想タイムを推測(HRM-Run)
・トレーニング効果:自身の走力に対するトレーニングの効果を算出(HRM-Run)
・ランニングダイナミクス:身体の上下動を1mm単位に計測、シューズの路面への接地時間を1/1000秒単位で計測(HRM-Run)

外部連携

・Wi-Fi:Wi-Fi圏内であればワンタッチでデータ管理サイト「Garmin Connect」へデータ送信
・Bluetooth:スマホアプリ「Garmin Connect Mobile」でデータの送受信と閲覧と今の場所を伝える「LiveTracking」に対応
・ANT+センサー:新型ハートレートセンサーHRM-Run、プレミアムハートレートセンサー、フットポッド

その他

・自動スクロール:多様なデータを効率よく表示
・時計機能:日時、曜日、アラーム
・管理サイト :「Garmin Connect」でデータ管理と公開が可能
・付属品 :チャージングケーブル、日本語マニュアル他、ハートレートセンサーHRM-run(セット品のみ)

●ForeAthlete220J(フォアアスリート220ジェイ)主な仕様

ハードウェア

・本体寸法 :45mm(幅)× 45mm(縦)× 12mm(厚)
・重量(電池込み) :40.7g
・ディスプレイ :25.4mm x 25.4mm / カラー 180x180ピクセル
・GPSチップ :みちびき対応高感度タイプ(A-GPS対応)
・防水 :50m完全防水
・使用電池 :充電式リチウムイオン電池
・稼働時間 :10時間/時計モード6週間
・インターフェース :ANT+Sports対応 2.4GHz帯ワイヤレス/Bluetooth
・操作ボタン:5ボタン
・Gセンサー:本体に内蔵

トレーニング機能

・データ容量 :約1000ラップ
・取得可能データ:タイム、距離、ペース、スピード、ピッチ、ストライド、カロリー、※心拍など18種類 ※プレミアムハートレートセンサー使用時
・トレーニングの種類:マイワークアウト、インターバル、各種アラート(心拍、ラン&ウォーク、ペース、ピッチ、時間、距離)
・自動ポーズ:信号で止まると計測も自動停止、再スタートで計測も自動再開
・自動ラップ:指定距離と特定の「位置」を基点に自動的にラップを刻みます
・アラート通知:音、バイブレーション、バックライトで的確に通知

外部連携

・Bluetooth:スマホアプリ「Garmin Connect Mobile」でデータの送受信と閲覧と今の場所を伝える「LiveTracking」に対応
・ANT+センサー:プレミアムハートレートセンサー、フットポッド

その他

・自動スクロール:多様なデータを効率よく表示
・時計機能:日時、曜日、アラーム
・管理サイト :「Garmin Connect」でデータ管理と公開が可能
・付属品 :チャージングケーブル、日本語マニュアル他、ハートレートセンサーHRM-Run(セット品のみ)


●製品構成

112852 ForeAthlete620J 36,800円(税抜)
112853 ForeAthlete620Jセット 43,800円(税抜)

114764 ForeAthlete220JBlackRed 25,800円(税抜)
114765 ForeAthlete220JBlackRedセット 31,800円(税抜)
114766 ForeAthlete220JWhiteViolet 25,800円(税抜)
114767 ForeAthlete220JWhiteVioletセット 31,800円(税抜)


●販売方法

・専門店及びインターネットでの直販(http://www.iiyo.net/shop

■代表者名 (株)いいよねっと 代表取締役 真鍋 陽一
■本件に関するお問い合わせ
株式会社 いいよねっと 担当:高橋、垣
TEL049-267-9114
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社いいよねっと
  4. >
  5. ガーミンから新型ランニングGPSウォッチを使った次世代トレーニングを提案