≪主婦が振り返る2014年≫ 主婦が選ぶ今年の漢字は「税」。今年の流行語、ヒット商品は?

妖怪ウォッチ・アナ雪・ダメよ~ダメダメ・・・今年話題になったワードが大集合(ぱど人と街研究所リリース)

株式会社ぱどは1987年に創業して以来、フリーペーパーの発行を通じ、生活圏での情報提供者と、その情報を必要とする生活者をつないできました。
「ぱど人と街研究所」の活動は、これまで構築してきた地域情報ネットワークから得られる生活者の多様でリアルな声を世の中に発信し、地域社会を活性化することを目的としています。
今後も、”人”と”街”に関するマーケットデータを収集・検証し、生活者の動向・嗜好・思考・志向・指向等を発信していきます。
リサーチ対象として、ぱどならではの資産である主婦組織(読モ)を活用しており、より絞り込まれた、支出の鍵を握る主婦という調査母体を強みとしています。(N=1789人。2014年9月現在)

 










≪主婦が振り返る2014年≫
主婦が選ぶ今年の漢字は「税」。今年の流行語、ヒット商品は?
妖怪ウォッチ・アナ雪・ダメよ~ダメダメ・・・今年話題になったワードが大集合
今年の自分に点数をつけるなら68.9点。『家事に育児、がんばった』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

調査対象:東京・神奈川・埼玉・千葉在住の 20~70 代の主婦 732人
調査期間:調査期間::2014 年11月7日~11月20日 (14日間)
調査手法:インターネット調査
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【概要】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
《1》主婦が選ぶ、今年の「漢字」
世相については「税」【理由】消費税が8%になり、さらに今後10%にあがるという話題で、みんなが注目していた。
自分については「忙」【理由】パート、子どもの入園や小学校、習い事、妊娠出産、介護…とにかく忙しかった!
家族については「楽」【理由】子どもの成長、家族でお出かけ・旅行と、楽しい1年だった。

《2》主婦が選ぶ、今年の流行語
「ダメよ~、ダメダメ」【理由】日本エレキテル連合を子どもたちがよくまねしている。

《3》主婦が選ぶ、今年のヒット商品
「妖怪ウォッチ」   【理由】子どもが欲しがり、いろんなお店をハシゴした。

《4》今年の自分に点数をつけるなら?
平均点は100点満点中、68.9点
【理由】家事も育児もがんばった。ただ、もう少しいろいろできかたもしれない。
その他、項目別の点数は 「仕事」 36.9点、 「家事」 66.0点 、「子育て」 56.2点、「趣味」 52.2点
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


《1》主婦が選ぶ、今年の「漢字」
●今年の“世相”を振り返って、漢字1文字で表現するとしたら何ですか?
(順位/漢字/選んだ理由)
1位 「税」  
消費税が5%から8%になり、家計に打撃を与えたので。 主婦としては深刻な問題でした。(40歳・内職・業務委託)

2位 「増」
消費税が8%になって、食費などさまざまな値段が上がり、出費が増えたため。(32歳・専業主婦)

3位 「災」
御嶽山の噴火や、広島の土砂災害など、自然災害が多かったので。(57歳・専業主婦)

4位 「雪」
ソチオリンピックも盛り上がり、また「アナと雪の女王」もブームになったので。(42歳・家業の手伝い)

5位 「偽」
スタップ細胞、ゴーストライター、兵庫の空出張など、偽装に関する問題が多かったから。(31歳・専業主婦)

増税をあらわす漢字「税」と「増」が上位を占めました。家計に直接影響する消費税の増税が印象に残った主婦が多いようです。自然災害や偽装など、マイナスイメージの漢字も上位にランクインしました。

●今年の“自分”を振り返って、漢字1文字で表現するとしたら何ですか?
(順位/漢字/選んだ理由)
1位 「忙」
子供の七五三、幼稚園の入園、病気などとにかくバタバタと忙しかった!(35歳・専業主婦)

2位 「新」
子どもができて、新しい生活への準備が始まったから。(35歳・自営業)

3位 「幸」
子供がいろんなことができるようになり 毎日幸せに感じる。(21歳・専業主婦)

4位 「動」
家事、育児、サークル、仕事、幼稚園行事・・・とにかく忙しく動いていたので。(31歳・専業主婦)

5位 「疲」
体力が無くなってきたことを実感したか。(44歳・内職・業務委託)

1位は「忙」。とにかく忙しく、自分の時間がない、という意見が多く見られました。1位に限らず、漢字を選んだ理由の中には、子どもや育児といったワードが多く、主婦がいかに子育てに時間を費やしているかがうかがえる結果となりました。

●今年の“家族”を振り返って、漢字1文字で表現するとしたら何ですか?
(順位/漢字/選んだ理由)
1位 「楽」
子どもと一緒に出掛けられる範囲が増えて、車や飛行機で遠出を することが出来て楽しかった。(30歳・専業主婦)

2位 「笑」
家族でいるときは笑いが絶えないから。(43歳・アルバイト・パート)

3位 「新」
マイホームを取得し、新たな場所でスタートしたから。(30歳・専業主婦)

4位 「成」
娘も1歳、主人と私ともパパママ1歳になり成長したので。(37歳・専業主婦)

5位 「健」
みんな病気もせず健やかにすごせたので。(54歳・アルバイト・パート)

1位は「楽」、2位は「笑」と、世相をあらわす漢字での回答とは異なり、家族をあらわす漢字は明るいイメージのものが上位にランクインしました。


《2》主婦が選ぶ、今年の流行語
(順位/漢字/選んだ理由)
1位 「ダメよ~ダメダメ」
日本エレキテル連合の言葉で、日本中で流行ったから。(33歳・専業主婦)

2位 「アナと雪の女王(アナ雪)」
上半期に流行り始めたのにかかわらずいまだに人気は絶大でグッズもたくさん出ているから。(27歳・専業主婦)

3位 「妖怪ウォッチ」
子どもの学校で流行っていて、体操などもクラスでしていたみたいです。(38歳・専業主婦)

4位 「ありの~ままで~」
アナと雪の女王の大ブレークにより、街で良く耳にしました。子供たちの元気な歌声にも元気をもらいました。(28歳・契約社員)

5位 「STAP細胞」
小保方さんのことは、小学生の息子の作文にもかかれるほど、印象が強かったから。(38歳・正社員)

お笑い芸人日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」が全体の半数42.8%を占め、ダントツの1位。
『子供がずっと言っている』『子供が毎日口にしていて、テレビでもよく見かけるから』という声が多数あり、TVや雑誌以外にも、子どもを通じて耳にする機会があったため上位にランクインしたのかもしれません。
2位の「アナと雪の女王」は7.5%、妖怪ウォッチは7.2%に留まる結果となりました。


《3》主婦が選ぶ、今年のヒット商品
(順位/漢字/選んだ理由)
1位 「妖怪ウォッチ関連商品」
並ばないと手に入らないという現象がおき、夜中から並ぶ大変さを身にしみて感じたので。(36歳・専業主婦)

2位 「アナと雪の女王関連商品」
飲み物や洗剤など、どんな物でもアナと雪の女王のデザインにすることでみんなどんどん買っていたから。(24歳・専業主婦)

3位 「iPhone」
息子がiPhone5cを買い、スマホデビューをし、主人が6に替えたので。(40歳・内職・業務委託)

4位 「クロワッサンドーナツ」
今までにない新しいスイーツでちょっと高級感あるのがよかったから。(27歳・専業主婦)

5位 「アイカツ!関連商品」
学校で女の子の間で大ブームだった。(46歳・専業主婦)

1位は、大ブレイクしている「妖怪ウォッチ」の関連商品。ウォッチやメダルが完売で手に入らず苦労した主婦も多かったようです。2位の「アナと雪の女王」関連商品は、特に小さな女の子を持つ母親からの声が多く、『ハロウィンの衣装を子どもにつくってあげた」というコメントもありました。
5位の「アイカツ!」も同様に女の子たちに人気があるようで、ゲームセンターのゲーム機に行列ができているほどブームになっているようです。


《4》今年の自分に点数をつけるなら?
(項目/平均点)
総合  68.9
家事  66.0
子育て 56.2
趣味  52.2
仕事  36.9

【総合】全体の1/4が80点台と回答。『普段の家事に加え、子供の幼稚園のお手伝いなどもがんばった』『初めての出産と育児を頑張ったから。もう少し余裕のある生活を送りたかったので減点。』など、家事や育児をがんばった自分に高得点をつける人が多かったです。

【家事】70点台、80点台に次いで、50点台も19%と多くの割合を占めてました。50点台をつけた主婦からは『手抜きが増えた』『仕事が忙しく、満足感にできなかった』という声がありました。

【子育て】21%の人が80点台と回答。『すぐに怒らなかったから』『怒ることより、話し合うことが多くなったから』と、怒ることを我慢して子どもと向き合った自分への評価を点数に反映さえせているコメントが目立ちました。マイナスポイントとしては、『もっと遊んであげられたかも』『話す時間をもっととりたかった』という声がありました。

【趣味】0点と答えた人は113人で、15%を占めました。元々無趣味な人の他に、『子育てで、趣味を楽しむ余裕などなかった』という方も多いようです。

【仕事】49%の人が仕事をしていないため0点と回答した他は、12%が80点台と回答しました。『結構がんばった』『去年よりもよく働いた』というコメントが多く見られました。



≪今後のレポート配信予定≫
●今年あなたの周りではやった料理
●家事も仕事も子育てもばっちりこなしそうな芸能人
●バレンタインに友チョコをあげたい有名人
●子どもの担任になってほしい有名人
●主婦たちの経済白書
●2014年にはまったこと

以上
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ぱど
  4. >
  5. ≪主婦が振り返る2014年≫ 主婦が選ぶ今年の漢字は「税」。今年の流行語、ヒット商品は?