新事実!紫外線と加齢によるコラーゲン破壊で“夏はシワが増えやすい”!

肌老化が進む?!美白対策だけの夏のスキンケアの落とし穴!

暦の上では立秋ですが、まだまだ暑い日々が続きそうです。夏のスキンケアは、美白ケアも重要ですが、美白ケアばかりに集中してしまうと夏の間にシワやたるみが悪化する大きな原因となってしまいます。

敏感肌専門ブランドdecencia(ディセンシア)を展開するポーラ・オルビスグループの株式会社decencia(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小林琢磨)は、紫外線によりコラーゲンを分解する(=コラーゲンを破壊してしまう)酵素が2.3倍に増加するという調査結果(ポーラ研究所調べ)から、紫外線の強い夏の時期は、エイジングに重要なコラーゲンが減少してしまう危険性があることを明らかにしました。コラーゲンの減少は、シワの大きな原因となります。夏は紫外線によるシミ対策など、美白ケアに集中してしまいがちですが、実は、コラーゲン減少によるシワ対策などのエイジングケアも重要なのです。(参照:データ①)

さらに、加齢によってもコラーゲンは減少します。肌の老化に対する意識調査と、真皮コラーゲン老化のメカニズムについての調査結果(ポーラ調べ)によると、33歳を過ぎると半数以上の人が「笑いジワが戻りにくい」「枕の跡が消えにくい」など、肌の衰えを実感し始めるのに対し、実際に肌の真皮コラーゲン構造が悪化するのは29歳という結果が出ています。このことから、肌老化の自覚する年齢と実際の肌老化の年齢には、なんと4歳もの開きがある事がわかりました。「そろそろエイジングケアを始めなくては!」と思う頃には、すでに手遅れ…ということもあるのです。(参照:データ①)

また、近年の夏の肌環境は、紫外線が格段に増加しているにも関わらず、紫外線から地球を守るオゾン量は夏の間減少することがわかっており、強い紫外線がダイレクトに肌に届く環境になっています。(参照:データ②)つまり、肌機能が落ち、外部環境の影響を受けやすくなっている敏感な肌をますます悪化させる可能性があります。特に、8月は紫外線のUVA波も、UVB波も強い月。UVA波は鏡を通過し、真皮へ影響を与え、コラーゲンを損傷します。
美白中心のスキンケアに傾きがちな夏こそ、実はしっかりエイジングケアをすることも大切。ディセンシアでは、夏のシワ&たるみリスクをしっかり回避できる夏のスキンケアを提案いたします。

【データ①】夏環境と加齢によりコラーゲンは減少。肌老化の自覚と実際のギャップは4歳差!

【データ②】夏は紫外線がダイレクトに肌に届く環境へ!

過酷な夏の肌環境を徹底的に守るケアにプラスしてエイジングケアが必要!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏だからこそエイジングケアが必須!!
【コラーゲン生成を手助けしてくれるおすすめアイテム】と【効果的な使用方法】をご紹介♪

 

アヤナス EV エッセンス

<敏感肌用美容液>
30mL ¥6,500(税込¥7,020)
http://www.decencia.co.jp/g/gK035/
 

<表皮>
■コウキエキス
紫外線による炎症や酸化を抑えながらコラーゲンをサポート
<真皮>
■CVアルギネート
コラーゲン産生を促す
■Gヘスペリジン
毛細血管を強化し、栄養を細部にまで行き届かせ、CVアルギネートの働きを促す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
気になるシワやほうれい線に効く効果的な使用方法
①頬の内から外に向かって頬を引き上げながら3秒間なじませる
②両中指を目頭にあて、手のひらを鼻筋、口元に沿わせるように包み込み、法令線を引き上げるように3秒間なじませる
③さらに1プッシュを顔全体に重ねづけした後、額に手をあて引き上げるようにして3秒間なじませる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食事から取り入れるエイジング対策もご紹介♪
【おすすめの食材と栄養素】 併用することで効果がアップ!!


【コラーゲン】
コラーゲンを食べることは、コラーゲンのもとになるアミノ酸がすべて含まれているので、食物で取るのは有効的です!
食べたコラーゲンは一度消化されて、アミノ酸に分解され、再び体の中の多数のアミノ酸により合成されます。そのため、より効果的に摂取するには、コラーゲンのもとになるアミノ酸がたくさん含まれているサプリメントがおすすめです。
■おすすめ食材:手羽、軟骨

【ビタミンC】
ビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、抗酸化作用に優れています。シミやくすみの対策だけでなく、エイジングケアとして、コラーゲンと一緒に摂取するとより効果的です。
■おすすめ食材:ビタミンC
みかん、いちご、キウイ、さつまいも、赤ピーマン

【ビタミンE】
ビタミンEは、酸化を防ぎ、老化や生活習慣病を予防することから「老化防止ビタミン」とも呼ばれています。不足すると、生体膜機能の維持ができず、老化の原因になります。
■おすすめ食材:ビタミンE
豆類、アーモンド、カボチャ、たらこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
decencia(http://www.decencia.co.jp/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社decencia
  4. >
  5. 新事実!紫外線と加齢によるコラーゲン破壊で“夏はシワが増えやすい”!