ヴァレオの自動運転車Cruise4U、フランス一周コースを走破

12月3日パリ発表プレスリリース意訳) ヴァレオの自動運転車Cruise4U は、11 月25 日、フランス国内を一周する壮大なドライブを完走しました。パリを出発したCruise4U は、カレー、ストラスブール、モンペリエ、バイヨンヌ、ブレストを巡り、総走行距離は1 万キロを超えました。ヴァレオのエンジニアは、実際の道路状況において4000 キロ以上にわたって、自動運転モードを使用して走行しました。つまり、この車両は昼も夜も、時速130 キロまでのいかなるスピードで完全に機能したのです。

 

ヴァレオ Cruise4U を使うと、ドライバーは高速道路や一般道で通常走行時や渋滞時、日常的に走行するルートで、運転してもらう喜びを味わうことができます。 ドライバーは車を自分自身で運転しつづけることもできますが、条件が揃えばヴァレオCruise4U に安全かつ簡単に運転を代わってもらい、ステアリング操作、加速、減速を任せることもできます。この機能によりドライバーは、仕事をしたりくつろいだりと自由に過ごせるようになります。ヴァレオのテスト車両には、マニュアルモードでも自動モードでも運転の安全性が高まるアクティブセーブティの機能と車の燃費改善を支援する機能も搭載されています。

ヴァレオ Cruise4U の高度な自動運転システムを実現するキーテクノロジーは、IBEO 社との独占的なパートナーシップによって開発された独自のSCALA レーザースキャナーです。車両の前方の状況をスキャンし、高い精度で走行ルートにあるあらゆる種類の障害物を検知します。レーザースキャナーで収集したデータは、Mobileye のイメージプロセッシング技術によって車両に搭載されたヴァレオのカメラからの情報と統合され、周辺環境のマップが生成されます。これによりシステムは車両の周辺を分析し何が起きるかを予測することができるのです。さらに、これらの先進的なシステムにより、安全性が高まり、交通ルールを遵守しやすくなり、車の流れがよりスムーズになります。

この走行は、テスト車両を実際の運転や走行状況に合うように調整するためにかけがえのない機会となりました。ヴァレオのフランス一周旅行は、将来誰でも自動運転を享受できるようにするための重要なステップとなります。

ヴァレオグループ
自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2 排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供します。

 

2014年度のヴァレオグループの売上高は約127億ユーロであり、OEM売上の11%以上を研究開発に投資しました。ヴァレオは、29カ国に133カ所の工場、16カ所の研究センター、34カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約81,200人の従業員を擁しています。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヴァレオグループ
  4. >
  5. ヴァレオの自動運転車Cruise4U、フランス一周コースを走破