自分のヒップを見たことがない女性が6割以上。見られているのにケアしていない、意外に低い女性のヒップ意識。

バスト、ウエストと並んで、プロポーションのポイントとしてあげられるヒップ。“おしり”“臀部(でんぶ)”とも呼ばれるこの部位をどう捉え、どのように接していているのでしょうか?
株式会社ワコールでは、男女を対象に「ヒップに関する意識調査」を実施しました。

その結果から、6割以上の女性は自分のヒップを正面から見たことがなく、また、男性は女性のヒップを気にしているにもかかわらず、女性は自分のヒップに対して関心が低く、手間やお金をかけていないことが明らかになりました。
一方、女性は、理想とするヒップが「上向き・ヒップアップ」で、ヒップがきれいに見えるなら、「ガードルのチカラを借りたい」と思っています。見過ごされているヒップをきれいに見せることに、女子力アップのヒントが隠されているかもしれません。

●直視しない? できない? したくない? 自分のヒップ
自分のヒップを正面から見たことがあると答えた女性は37.6%。つまり6割以上の女性が見たことがないという結果に。自分のヒップへの関心の低さが伺えます。

●見られているのに磨けていない? 女性のヒップへの意識が低い現状
男性が気にしている女性のパーツは、1位の“顔”に続き、2位“バスト”、3位“ヒップ”である一方、実際に女性が手間暇掛けているパーツは“顔”周辺に集中。
特に“ヒップ”と回答した女性は8.7%と、男性から注目されているにもかかわらず、女性のヒップに対する意識が低いことがわかりました。

●好きなヒップと好かれるヒップ。理想のヒップに男女差あり
女性が理想とするヒップは「上向き・ヒップアップ」「下垂していない」「丸い・ふっくら・ぷりっとしている」「引き締まった・張りがある」「小さい」などであるのに対し、男性が理想とする女性のヒップ第2位は「大きい」。女性が理想としない「大きいヒップ」は、実は、モテるヒップなのかもしれません。

●女性のシビアな自己分析。ヒップの変化を感じながらガードルに頼りたい
女性は現在の自分のヒップが「下垂してきている」(73.8%)、「大きくなっている」(39.2%)”と感じており、また6割以上の女性が「ガードルのチカラを借りたい」と回答。キレイなヒップへの憧れがあることがわかりました。

※調査概要
調査対象:男性824名(20代~50代)・女性953名(10代後半~60代以上) 計1777名
調査期間:男性 2014年7月11日(金)~7月14日(月)、女性 2014年7月11日(金)~7月27日(日)
調査方法:インターネット調査


〈直視しない? できない? したくない? 自分のヒップ〉

■6割以上の女性は自分のヒップをちゃんと正面から見たことがない
自分のヒップを正面から見たことがあると答えた女性は、全体の37.6%と、6割以上の女性が見たことがないと答えています。見たことのない理由として、最も多かったのがが「見るのが難しい」で、次に「見たいと思わない」、「機会がない」、「意識したことがない」が続き、自身のヒップへの興味のなさ、関心の低さが伺えます。一方、見たことがある人の約9割は「鏡で見た」と回答しています。


〈見られているのに磨けていない? 女性のヒップ意識が低い現状〉

■男性が注目している女性のヒップ。 なのに女性が手間暇掛けているのは…
男性が気にしている女性のパーツの1位は「顔」で2位は「バスト」、3位が「ヒップ」。男性は女性の顔だけでなく、もしくはそれ以上に、からだにも関心があるという結果に。ところが、女性がお手入れを重視しているパーツのトップ3は、1位から順に「顔」、「髪」、「肌全体」。手間暇を掛けているパーツの上位は「顔」周辺に集中しています。“ヒップ”と答えた女性はわずか8.7%に過ぎず、8位どまりに。
女性が軽視している「ヒップ」が男性の注目を集めている、つまりアピールポイントになり得る部位であることがわかりました。

Q. からだのパーツでお金や手間暇を掛けているところはどこですか?(女性のみ回答)
1位 顔(メイク・スキンケアなど) 72.2%
2位 髪              51.2%
3位 肌全体            27.3%
  ・                 ・
  ・               ・
  ・               ・
8位 ヒップ             8.7%

Q. 女性のからだのパーツで気になるところはどこですか?(男性のみ回答)
1位 顔(メイク・スキンケアなど) 73.9%
2位 バスト            70.8%
3位 ヒップ            53.2%
4位 髪              50.5%


〈好きなヒップと好かれるヒップ。理想のヒップに男女差あり〉

■女性のなりたいヒップとモテるヒップは違う?!
女性が理想とするのは1位が「上向き・ヒップアップ・下垂していない」、2位が「丸い・ふっくら・プリっとしている」。「小さい」が4位に入っているのに対して、男性が理想とする女性のヒップは「大きい」が「ヒップアップ・シルエット」に次いで2位に。女性が理想としない“大きい”ヒップは、男性には好まれていることがわかりました。

Q. 理想だと思う女性のおしりについて教えてください。
【女性】
1位 上向き・ヒップアップ・下垂していない
2位 丸い・ふっくら・プリっとしている
3位 引き締まった・ハリがある
4位 小さい

【男性】
1位 ヒップアップ・シルエット
2位 大きい
3位 特にない
4位 小さい


〈女性のシビアな自己分析。ヒップの変化を感じ、ガードルに頼ってキレイに見せたい〉

■「ヒップに起こりつつある変化は、厳しく分析。キレイに見せたいけれど…
自分のヒップに変化については、「下垂してきている」(73.8%)、「大きくなっている」(39.2%)といったネガティブ傾向の回答が大半を占め、「以前よりもヒップアップしてきている」と評価しているのはわずか3.0%という結果に。
またキレイに見えるなら「ガードルのチカラを借りたい」と答えた女性は63.7%に上るものの、ヒップのために何かいいことを行っている人は約4割、そのうち「ガードルを着用」と回答した人は11.3%に留まっています。

Q. あなたのおしりはどんなふうに変化していると思いますか? 

 
■薄いのに しっかりサポート「-5歳の魔法 着やせパンツ」 9月より発売!
キレイに見えるなら「ガードルのチカラを借りたい」、ワコールは そんな女性にぴったりの新商品『-5歳の魔法 着やせパンツ』を9月より発売しました。
『-5歳の魔法 着やせパンツ』は、ヒップ下のたるんだ“二の尻”を持ち上げ、内ももをひきしめてすっきりさせます。更にレース調プリント(特許出願中)と伸びない素材でおなかを押さえ、フラットなシルエットに。
パワーがあるのに極薄な素材で、はきごこちは軽やか。独自の技術だからできた美しいプリントも魅力です。

【商品概要】
・商品名:-5歳の魔法 着やせパンツ (GRC・499)
・希望小売価格:5,300円+税 〈82サイズ 6,600円+税〉
・-5歳の魔法 着やせパンツ ブランドサイト  http://www.wacoal.jp/kiyase/pants/
・ラブ、エイジング。サイト http://www.loveageing.jp/hip/index.html


※『-5歳の魔法着やせパンツ』「ラブ、エイジング。」「二の尻」は、株式会社ワコールの登録商標です。

<報道関係の方からのお問い合わせ先>
株式会社ワコール 広報・宣伝部
(東京) TEL 03-3239-1117 FAX 03-3239-1118
(京都) TEL 075-682-1006 FAX 075-682-1103

<一般のお客様からのお問い合わせ先>
株式会社ワコール お客様センター フリーダイヤル 0120-307-056(平日9:30~17:00)


  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ワコール
  4. >
  5. 自分のヒップを見たことがない女性が6割以上。見られているのにケアしていない、意外に低い女性のヒップ意識。