映画『無花果の森』 6月14日(土) 公開初日舞台挨拶

ドキドキの初日舞台挨拶 超新星ユナクからもサッカー・ワールドカップ出場の日韓チームに応援メッセージ!

超新星ユナク・兵役除隊後初出演にして邦画単独初主演!

【『無花果の森』 初日舞台挨拶レポート】
~絶望の闇におちた男女が織りなす、深く切なく甘美な物語~
main image
直木賞作家の小池真理子による平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞作を、日本映画初単独主演を果たした日本・韓国で人気の音楽グループ超新星のユナクや原田夏希、江波杏子などの実力派俳優で映画化した、『無花果の森』が、6月14日(土)に初日を迎え、東京・シネマート新宿にて、主演を務めた超新星のリーダーであるユナクを始め、ヒロインの原田夏希、監督の古厩(ふるまや)智之、主題歌を担当するMiNoが登壇し、舞台挨拶を行った。

劇場内は立ち見の来場者が出るほどの大賑わいの中、登壇者それぞれが本作に懸ける思いを語った。


キャストそれぞれのコメント
■ユナク(ヨンホ役)
日本映画が凄く好きだったので、お話を頂いたときとても嬉しかったです。
不倫や芸能界の薬物汚染など、重いテーマという内容には、とても不安があったのですが、監督を信じてやってきて、とても良い映画が出来上がりました。
そして、原田さんとのラブシーンがあるということにも、とても悩みました。
自分はアイドルですから…!
ただ、ファンの方たちも納得してくれる美しいシーンになっています。
韓国ではあまりない長回しのシーンが、この映画では、ふんだんに使われていて、日本映画に出演したんだという実感が沸き、またとても勉強になりました。
本当にとても良い経験ができたので、これを糧に、ぜひまた日本映画に出演してみたいです。

(今回のサーッカ・ワールドカップについての質問で)
W杯は眠れない夜が続きますね(笑)
明日は日本戦ですが、とても興味があります。アジア全体が上位にあがって、日本も韓国も上位になって、嬉しい気持ちで終わってくれればいいなと思います。選手の皆さんがんばってください。

■原田夏希(新谷 泉役)
ユナクさんのような外国の方とお芝居をするのが初めてだったのですが、俳優・女優にとっては、とても難しい、生い立ちなどを説明する状況台詞…しかも、日本人でもあまり使わない言葉を使って、(ユナクさんにとっては)自国の言葉ではない日本語でお芝居ができるということが、役者として凄くうらやましいなと思いました。
私自身、この映画を見ていろいろな事を考えさせられました。
私は、人生は小さなことの選択の連続だと思っています。
この映画でも、自分が演じる泉は、自分で様々なことを決断して進んでいきます。
この人と出会って、この人とどうやってやっていくか…それを、自分自身で決断して行くという事が、どれだけ大事なのかということを、改めてこの映画で教えてもらったような気がします。

■MiNo(主題歌)
ユナクさんが優しく演技指導をしてくれて、やっぱり”オッパー”(韓国語で兄の意味)は優しいなと思いました。
今回私が歌った「Jewelry Box(ジュエリーボックス)」という主題歌の詩の中に「大好きだった」というフレーズがあるのですが、この映画のエンディングでこの歌を聞きながら、皆さんの大好きなユナクさんを思い浮かべていただけたらなと思います(笑)

■古厩智之監督
最初ユナクさんに会うまで、いい映画になる自信がなかったのですが、会って話をしたら、彼ならできるなと思いました。
この映画は彼の良いところを沢山もらって作っていく所が多かったのです。
原田さんは明るく聡明な方なのに、この役はすごく暗い役で…。でも心をなくした役をとてもうまく演じてくださりユナクさんの役柄とうまく解け合ったなと思いました。
今回はユナクさんや原田さんに(演技を)任せたりしてみんなで作った作品でした。
多くの方に見ていただけたらと思います。

※丹羽多聞アンドリウプロデューサーのコメント
満を持しての公開となりました。
原作者の小池真理子さんも主演のユナクさんの演技を絶賛しており、ファンの方にも新しいユナクさんの一面を見せることができて大変うれしく思います。
この映画が多くの方の目に触れる事を切望しております。


◆映画『無花果の森』作品概要】

日本に留学し、ジャーナリストを目指すも、今では雑誌社のパパラッチとして働いている韓国人青年のヨンホ(ユナク)。彼は世界的指揮者、新谷吉彦(三浦誠己)の妻・泉(原田夏希)へのDV疑惑を追っていた。
ある日、DVから逃れるため泉は全てを捨ててある町に身を隠し、偏屈で通る老女性画家・天坊八重子(江波杏子)の住込み家政婦となった。
しかし、ある日ヨンホと泉は偶然にも再会する。しかも再会した時のヨンホは、警察に追われていた。追われるヨンホと逃げる泉。二人は次第に心を寄せ合うようになるが……。
直木賞作家の小池真理子が平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した、「無花果の森」(日本経済新聞出版社・刊:文庫版は新潮社より発売中)を完全映画化した本作。
追われることにより、心に深い闇を抱えた男女が織りなす、純粋な愛と哀しみの物語が、さまざまな人々の人生と交錯しながらある一つの方向へと向かう甘美で切ない感動の物語として完成した。

出演:ユナク(超新星)、原田夏希、
三浦誠己、徳井優、木下ほうか、MiNo、瀬戸早妃、かでなれおん、名高達男、江波杏子
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ 監督:古厩智之
原作:小池真理子「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞)(日本経済新聞社・刊)
主題歌:「ジュエリーボックス」MiNo
特別協賛: VanaH(株) 製作:アタデューラ 製作・配給:BS-TBS
オフィシャルHP:http://www.bs-tbs.co.jp/ichijiku/
(c)2014『無花果の森』製作委員会
2014年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/98分

2014年6月14日(土)よりシネマート新宿ほかにて全国ロードショー!


【宣伝・取材 お問い合わせ】フリーマン・オフィス(筒井、中村みゆき、鬼澤、望月)
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-11-10 第二SSビル6G
TEL:03-3537-6514
info@freeman-ofc.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社BS-TBS
  4. >
  5. 映画『無花果の森』 6月14日(土) 公開初日舞台挨拶