フリークアウトとPubMatic、位置情報を利用したプライベートマーケットプレイスのサービス連携を開始

〜プレミアム広告枠の位置情報を活用したプログラマティック取引実現によりO2Oを促進~

株式会社フリークアウトが開発、提供するRTB(リアルタイム入札)対応DSP「FreakOut」は、新たにPubMatic, Inc. が提供するパブリッシャー向けマーケティング・オートメーション・ソフトウェアプラットフォームと、モバイル端末における位置情報を活用したプライベートマーケットプレイスのサービス連携を開始いたしました。


株式会社フリークアウト(本社:東京都港区、代表取締役:本田 謙、以下フリークアウト)が開発、提供するRTB(リアルタイム入札)対応DSP「FreakOut」(*1)は、新たにPubMatic, Inc. (本社:米国カリフォルニア、共同創設者兼CEO:Rajeev Goel、日本法人 カントリーマネージャー:前川 洋輔、以下PubMatic)が提供するパブリッシャー向けマーケティング・オートメーション・ソフトウェアプラットフォームと、モバイル端末における位置情報を活用したプライベートマーケットプレイス(以下PMP)(*2)のサービス連携を開始いたしました。 


本連携により、PubMaticのプラットフォームを通して、媒体社様が保持するデバイスIDや緯度・経度といったモバイルアプリ特有の情報と、「FreakOut」を通して広告主様が既に保有しているBeacon/GPSの高度な位置情報機能を、掛け合わせて広告配信に活用できるようになりました。

本サービスをご利用頂くことで、広告主様は、モバイルの位置情報を活用したキャンペーンを、国内の優良モバイルアプリ上で実施でき、また媒体社様は、自社のデジタル資産のマネタイズを促進できるようになります。

本連携について、フリークアウト代表取締役の本田 謙は、次のように述べております。

「ブランド広告主様とお話しをしていて、オンラインデータと同様に、オフライン消費者行動に対しての関心が高まっているのを感じます。PubMaticとの連携により、広告主様に対して、位置情報に基づくプレミアムな広告枠在庫を提供出来るようになりました。この協力体制を機に、フリークアウトはより一層位置情報への取組みを強化し、広告主様により付加価値の高いマーケティングソリューションを提供してまいります。」

PubMaticの日本法人であるパブマティック株式会社のカントリーマネージャー、前川 洋輔は、次のように述べております。

「この度のフリークアウトとの連携により、国内でもようやく海外同様の位置情報等を活用したモバイルアプリの収益性向上に取り組むベースができました。これは、広告主様のO2Oマーケティング活動促進にも大きく貢献するものであり、本取り組みが、当社が日本でも提供するモバイルPMPの価値向上に寄与することを期待しています。」

フリークアウトとPubMaticは、今後も両社それぞれの優位性を生かした協力体制を強化し、PMP機能の拡充と活用の推進を通じて、顧客一人ひとりとの最適なコミュニケーションを目指したOne to Oneマーケティングに、より一層貢献してまいります。


<補足説明>
*1 DSP「FreakOut」とは:
DSPとは膨大な広告枠在庫の中から、発生した広告表示機会 (=インプレッション) が広告主にとってどれくらい有益かをリアルタイムに判断し、接触しているオーディエンスによって適切な価格で入札することで、適正な価格で広告主にとって必要なインプレッションだけを買い付け、広告主(購入者)の広告効果を最大化するプラットフォームです。DSP「FreakOut」は、2010年より国内初のDSPとして展開しており、ブランド認知促進から販売促進までさまざまな目的に活用いただいております。

*2 本サービスについて:
フリークアウトの一部の広告主様を対象に開始し、今後段階的に提供先を拡大予定です。


【株式会社フリークアウトについて】
フリークアウトはRTBで広告枠買付を行うDSPならびに顧客のデータ資産管理ツールのDMPを提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。現在、120社を越える広告代理店様のDSP/DMP事業を支える技術インフラの提供を行うと同時に、通信キャリア、航空会社、飲料メーカー、トイレタリー企業をはじめ5,000アカウントを超える顧客に当社プラットフォームをご活用いただいております。
URL :https://www.fout.co.jp/
所在地 : 東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズ クロスポイント
代表者名: 代表取締役 本田 謙
資本金 :  10億4,964万2,400円
事業内容: マーケティングプラットフォームの開発、販売


【PubMaticについて】
PubMaticは、パブリッシャー向けのマーケティング・オートメーション・ソフトウェアプラットフォームを提供する企業です。リアルタイム分析、イールド・マネージメントおよびワークフロー・オートメーションにより、PubMaticは、パブリッシャーの賢明なインベントリの決定と売上向上を支援します。また、プレミアム・パブリッシャーのニーズに応えるため、オーディエンス・ディスカバリーによる柔軟性やMedia ConsoleやAPIを通してメディアキャンペーンを提供することにより、バイヤー側の自信を高めています。PubMaticのマーケティング・オートメーション・ソフトウェアプラットフォームは、コムスコア社によるランキング上位にいる世界中のパブリッリャーに対して全てのスクリーン、チャネル、フォーマットにおける広告主との関係をシングルビューにて提供します。米カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を置き、世界中に事業所を展開するPubMaticは、2014年には3年連続で米Deloitte社よりインターネット市場において最も急成長を遂げている会社のひとつに選ばれた企業です。
日本では2014年より、ソネット・メディアネットワークス株式会社とのパートナーシップを起点として、パブマティック株式会社を設立、展開を開始しています。
URL :http://www.pubmatic.co.jp
所在地(日本法人): 東京都港区南青山6-11-4 YMテラス B棟
代表者名  :  カントリーマネージャー 前川 洋輔
事業内容  :  デジタル媒体向け広告配信最適化プラットフォームの開発、販売


【本件に関するお問合せ先】
株式会社フリークアウト 溝口
E-mail: info@fout.jp Tel:03-6721-1742

パブマティック株式会社 丹羽
E-mail: jp@pubmatic.com Tel:03-6804-1143


【取材に関するお問合せ先】
株式会社フリークアウト 社長室:井野口
E-mail:pr@fout.jp Tel:03-6721-1740

パブマティック株式会社  樋川
E-mail:Mayumi.Hikawa@pubmatic.com  Tel:080-6662-9327

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社フリークアウト
  4. >
  5. フリークアウトとPubMatic、位置情報を利用したプライベートマーケットプレイスのサービス連携を開始