ファーウェイ・ジャパン、新世代の2Uハイエンド・ラックサーバおよび高性能PCIe SSDカードを販売開始

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、新世代のIntel ® Xeon ® E5-2600 v3プロセッサを搭載した2Uハイエンド・ラックマウントサーバ 「HUAWEI FusionServer RH2288 V3」およびPCIe SSDカード「ES3000 V2」の販売を本日より開始します。
FusionServer RH2288 V3は、クラウド・インフラストラクチャから汎用的なアプリケーション・プラットフォームまで広範囲にカバーする2Uハイエンド・ラックマウント サーバです。最新のIntel ® Xeon ® E5-2600 v3プロセッサを2基まで搭載でき(最大36コア)、DDR4メモリを768ギガバイト(GB)まで拡張できるほか、最大64テラバイト(TB)の内蔵ストレージと最大8基の拡張用PCIe 3.0スロットを備えており、2Uラックマウント サーバとして業界最高水準の性能と拡張性を実現しています。また、同日から販売を開始するPCIe SSDカード「ES3000 V2」を最大2枚まで搭載可能であり、I/Oインテンシブなアプリケーションの高速化を実現するプラットフォームとして最適です。


ES3000 V2 は、きわめて高いI/O性能が要求されるシステム向けのI/Oアクセラレータ・ソリューションです。性能と消費電力のバランスに優れたロープロファイル版の600GB/1.6TB モデルと、業界最高レベルの性能を提供するフルハイト版の1.2TB/2.4TB/3.2TB モデルの合計 5種類の豊富なラインナップを用意しており、お客様の利用目的に応じて最適なパッケージを選択することが可能です。

FusionServer RH2288 V3


【FusionServer RH2288 V3の主な特長】

・RH2288 V3は2基のIntel ® Xeon ® E5-2600 v3プロセッサを搭載でき、最大36コア・72スレッドのコンピューティング・リソースを備えています。これらの豊富なリソースにより、マルチスレッド・アプリケーションの同時実行性能を最大化することができます。

・お客様のニーズに応じて柔軟にストレージ容量を拡大・縮小でき、1筐体あたり最大64TBまで収容することができます。

・24のDDR4メモリスロット(2133MHz)を備えており、最大768GB(32GB LRDIMM※1利用時)まで拡張可能です。LRDIMMに搭載されているエラーチェック・修正技術により、高速かつ確かな信頼性を実現しています。

・Intel ® Xeon ® E5-2600 v3プロセッサが新たに採用したDDR4 1.2V DIMMにより、DDR3対応製品と比較して省電力性能が最大20%向上しています。


製品情報ウェブサイト:

http://enterprise.huawei.com/jp/products/server/rh-series-rack-servers/hw-401666.htm

ES3000 V2



【ES3000 V2の主な特長】

・PCI Express 2.0 x8インタフェースにてサーバとダイレクトに接続し、読み込み速度最大3GB/s、書き込み速度最大2.1GB/sの高い帯域性能を実現します。

・750,000IOPS※2(読み込み、4KB)、 220,000IOPS※2 (書き込み、4KB)の業界最高水準のI/Oパフォーマンスを実現します。

・RAID 5アルゴリズムにより、NAND型フラッシュメモリチップの障害発生時に不良チップの切り離しとパリティによるデータの復旧を実施します。

・高度なウェアレベリングアルゴリズムにより、フラッシュの書き込み磨耗を平準化し、長期のサービスライフを実現します。


製品情報ウェブサイト:

http://enterprise.huawei.com/jp/products/server/high-performance-pcIe-card/hw-401568.htm


※1: LRDIMM: Load-Reduced DIMMの略。メモリモジュールの種類の一つで、コントローラとメモリチップの間のすべての通信をバッファ回路を介して行う
※2:長時間の連続アクセスによる持続的IOPS性能値



Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporation の商標または登録商標です。
文中の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。



【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深圳(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの15万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。



日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、YouTube:http://www.youtube.com/user/HuaweiDeviceJPをご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ファーウェイ・ジャパン
  4. >
  5. ファーウェイ・ジャパン、新世代の2Uハイエンド・ラックサーバおよび高性能PCIe SSDカードを販売開始