箱根登山電車アレグラ号「グッドデザイン・地域づくりデザイン賞」を初受賞

小田急グループの箱根登山鉄道株式会社(本社:神奈川県小田原市 社長:府川光夫)では、3000形「アレグラ号」が、今般、公益財団法人日本デザイン振興会主催のグッドデザイン賞において、特別賞となる「グッドデザイン・地域づくりデザイン賞(日本商工会議所会頭賞)」を初受賞いたしました。

紫陽花とアレグラ号

 

「グッドデザイン・地域づくりデザイン賞」はグッドデザイン賞受賞対象のなかで、豊かでゆとりのある国民生活の実現、地域経済の活性化、社会一般の福祉の増進等、わが国経済・社会の発展に寄与するものに贈られる賞です。

「アレグラ号」は、2014年11月より運転を開始し、運転席前面には大型ガラス、側面には上下に大きく広がる展望窓を設けており、四季折々の箱根の自然景観を間近に感じていただくことができるため、箱根を訪れる国内外の多くのお客さまに好評いただいております。

紅葉とアレグラ号

 

今後も箱根登山鉄道では、今回の受賞を契機に、安全輸送により一層取り組んでまいるとともに、お客さまの旅の思い出づくりや箱根地域経済の活性化に寄与できるよう努めてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 小田急電鉄株式会社
  4. >
  5. 箱根登山電車アレグラ号「グッドデザイン・地域づくりデザイン賞」を初受賞