地域振興・機体活用プロジェクト『空そら恋こい』「プロ野球沖縄スプリングキャンプへ GO!」」就航について

株式会社ソラシドエア(以下:ソラシドエア 本社:宮崎県宮崎市 代表取締役社長 髙橋 洋)で取り組む地域振興・機体活用プロジェクト『空恋~空で街と恋をする~』におきまして、沖縄県の「プロ野球沖縄スプリングキャンプへ GO!」」が、12 月 15 日(火)から運航を開始します。

=「プロ野球沖縄スプリングキャンプへ GO!」」の就航について=

◇ 地域振興・機体活用プロジェクト『空恋』では、15 機目。
  http://www.solaseedair.jp/campaign/sorakoi/index.html (HP への掲載は、15 日以降に掲載予定)
◇ 沖縄県主体としての『空恋』機体の運航は初めて。 沖縄では、これまで沖縄美ら島財団が事務局となって、
  沖縄県北部地域を PR する『春先へひとっ飛 び!沖縄やんばる号/やんばる花めぐり号』2 機を運航しました。
◇ 当該機の「空恋」運航期間、2015 年 12 月 15 日(火)~2016 年 3 月末予定。
◇ 就航開始は、2015 年 12 月 15 日(火)。那覇-神戸、ソラシドエア 26 便 14:25 発。
  当該機は、ソラシドエアが就航する全路線を期間中運航します。
  ※沖縄線は、鹿児島/宮崎/神戸/名古屋/石垣の 5 路線(18 便/日)を運航しています。
◇ 機材は、ボーイング 737-800 機の JA811X。
◇ 沖縄県では、冬季でも温暖で過ごしやすい気候という地の利を活かして、多くのプロ野球球団に
  キャンプ地として毎年選ばれています。2016 年のキャンプイン開始を控え、「プロ野球沖縄 SPRING
  CAMP2016」(平成 27年度スポーツツーリズム戦略推進事業)のプロモーション企画の一環として、
  話題性をさらに高めプロ野球沖縄キャンプへの興味関心を喚起させ、プロ野球キャンプ地「沖縄」の
  ブランディングをより強固にすることを目的とし実施します。
◇ ソラシドエアでは、プロ野球沖縄 SPRING CAMP2016 のロゴマークと機体名称「プロ野球沖縄スプリング
  キャンプへ GO!」を描いた機体デカールやヘッドレストカバー、客室乗務員はオリジナルエプロンで、
  機内サービスを実施します。
◇ 記念品として、①プロ野球沖縄スプリングキャンプへ GO!情報誌、
  ②ソラシドエア2016年卓上カレンダ ー、③ソラシドエアチケットホルダー、④搭乗証明書を
  お配りいたしました。

ソラシドエアでは、「九州・沖縄の翼」として、地域と連携したエアラインを目指しています。
今後もより一層地域のみなさまと共に絆を深め、九州・沖縄にはなくてはならないエアラインへと成長してまいります。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ソラシドエア
  4. >
  5. 地域振興・機体活用プロジェクト『空そら恋こい』「プロ野球沖縄スプリングキャンプへ GO!」」就航について