情熱と創造性が生んだ、オーセンティックスポーツブランド「FILA」フットウェアを2017年2月より総合靴専門チェーンで専売。


 株式会社チヨダ(東京都杉並区  代表取締役社長 舟橋浩司)は、 株式会社丸紅フットウェアから商品供給を受けて
「FILA(フィラ)」フットウェアを全国のシュープラザ、東京靴流通センター、公式通販サイトで、2017年2月より販売いたします。

 2017年春夏はスポーツラインとカジュアルラインを展開。
スポーツラインでは、 2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ機運の高まりを背景に、普段着にスポーツ要素を取り入れた「アスレジャー」をテーマとし、足の甲を覆う部分にニット素材を使用した軽量シューズなど、
ランニングモデルで2型、トレーニングモデルで1型、合わせて3型を展開します。
 一方、カジュアルラインでは、1897年から行われている国際テニス競技大会で有名な
「モンテ-カルロ カントリークラブ」をテーマに、リゾートを連想させるカラーやデザインを5型展開します。爽やかに大人カジュアルを演出しつつ、一段階上のファッションを表現してくれます。
 いずれのシューズも日本人の足に合うゆったりとした足型とすることで、履きやすさと軽量性を実現しました。すぐれた性能とファッションの融合により、幅広いシーンで足元をサポートします。

 ライフスタイルにオシャレなスポーツスタイルを取り入れている 20代~40代をメーンターゲットとし、メンズ・レディースとも幅広く展開します。また、シュープラザでは、ブラジルで発売されるモデルも取り揃えます。
初年度は3,890円~6,900円の価格帯で、50万足の投入を計画しています。

 

 

 

                   5,900円(本体価格)

 

                   4,890円(本体価格)
 

                   5,500円(本体価格)


■FILAについて
「FILA」は、イタリア生まれの正統な血統を継承するブランド。1970年代にはスポーツウェアを発表し、業界初のウェア契約をテニスプレーヤーのビヨン・ボルグと締結。「FILA」のウェアを着たボルグはウィンブルドンで初優勝し、5連覇を達成。テニスに続き、バスケットボール、スキー、サッカーなど、幅広いフィールドで活躍する選手と契約し、パフォーマンスをサポート。イタリアのスタイル、情熱、創造性、そしてイタリア人気質を起源としながら、正統性のあるスポーツブランドとして、その人気を引き継いでいます。プロの領域で愛用される一方、すぐれた性能とファッションの融合により、一般のスポーツ愛好家にも幅広いスポーツシーンで活躍し、広く愛されるブランドとしてスポーツに深く関わっています。


■ブランド/商品名
FILA(フィラ)/フットウェア
■サイズ
レディース 22.5~24.5cm/メンズ 25.0~28.0cm
■発売
2017年 2月22日
■展開業態
シュープラザ、東京靴流通センター、チヨダ公式通販サイト
(※一部取扱のない店舗がございます)





<Chiyoda 会社概要 >
■社名:株式会社チヨダ(東証一部 証券コード:8185)
■本社:東京都杉並区成田東4丁目39番8号
■代表者:代表取締役社長 舟橋 浩司
■設立:1948年(創業1936年)
■決算期:2月末
■従業員数:1,915名(連結)
■資本金:68億9,321万円
■売上:1,445億400万円(連結)
■子会社:株式会社マックハウス、株式会社アイウォーク、チヨダ物産株式会社
■店舗数:1,567店(連結)
(2016年2月末現在)


チヨダコーポレートサイト
http://www.chiyodagrp.co.jp

株式会社チヨダ
担当:井上・安立・鳥山・根本
TEL:03-3316-4132
FAX:03-3316-4525
東京都杉並区成田東4-39-8
http://www.chiyodagrp.co.jp




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社チヨダ
  4. >
  5. 情熱と創造性が生んだ、オーセンティックスポーツブランド「FILA」フットウェアを2017年2月より総合靴専門チェーンで専売。