派手婚、地味婚の次は「らしさ婚」!?お色直しから見えてきたイマドキ結婚式事情とは。

結婚式場情報サイト『すぐ婚navi』は「結婚式で着たい衣装・お色直し」に関するウエディングレポート(調査結果)を公開。そこで見えてきた意外!?なイマドキ結婚式事情とは。そして自分らしさを生かす「らしさ婚」の実状とは。
株式会社A.T.brides(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:大崎恵理子)は、同社が運営する結婚式場情報サイト『すぐ婚navi』にて、「結婚式で着たい衣装」について調査したレポートを公開しました。(https://sugukon.com/editorial/categoryList/601/238/)

「6月に結婚した花嫁は幸せになる」というジューンブライドの言い伝えもあり、結婚式への憧れに胸が躍る季節がやってきましたね。女性が結婚式で楽しみにしていることといえば「衣装選び」。事前に情報収集をしているプレ花嫁も多いのではないでしょうか。
そこで今回のすぐ婚ウエディングレポートでは、「結婚式で着たい衣装・お色直し」に関する調査を行いました。そこで見えてきた意外!?なお色直しの実状とは、そしてイマドキ結婚式事情とは。結婚を考え始めたカップル必見の内容となっています!

【調査概要】
調査エリア:関東・東海・関西・福岡エリア
調査方法:結婚式場情報サイト『すぐ婚navi』会員様へアンケート調査を実施
調査期間:2015年1・2月
サンプル数:女性399名(2015年挙式予定/20~50代の女性)
調査結果URL:https://sugukon.com/editorial/categoryList/601/238/

..............................
■意外と控えめ!?結婚式でお色直しは1回がメジャーに!


結婚式を控えた女性399名に「結婚式で衣装は何着着たいですか?」と質問したところ、『2着』が62%と大半を占める結果となりました。「結婚式ではお色直しを3回以上が普通」だった80~90年代の派手婚と比べると、かなり控えめな印象を受けます。

~『2着』を選んだ理由~
「ウエディングドレスもカラードレスも和装も着たいけど、お色直しに時間がかかると、会場にいる時間が短くなるのが嫌」
「ウェディングドレス・カラードレス1着ずつ希望。前撮りで和装ができればいい」
「特になんでもいいが、両親より1回はお色直しをして欲しいといわれている」

2着を選んだ理由で多かったのは「披露宴でゲストと一緒に過ごす時間が減るのが嫌」「たくさん着たいけど費用がかかるから」という意見でした。また結婚式当日の時間や費用面の懸念点を「前撮り」をすることでカバーするという声もあり、結婚式当日のことまでしっかり考えている現実的な花嫁が多いようです。


■人気再燃!3分の1が和装も検討中

2着以上着たいと答えた女性たちに、その内訳を聞いてみました。圧倒的に人気なのが王道の『ウエディングドレス×カラードレス』。結婚式場探しの時点で色まで決めている方も多く、カラードレスは女性の憧れの対象のようです。

また「和装」を着たい・考えている女性が約3分の1、それ以外でも「前撮りで和装をしたい」という声も多く見られました。関根麻里さん、田丸麻紀さん、安めぐみさん、ブロガーのももさんなど、芸能人の結婚式でも和装が多く取り入れられたことや、国宝ブームもあり、和装や神社での結婚式が再注目されてきています。神社だけではなく、和を取り入れた結婚式場も増えてきており、今後も和装トレンドは続きそうです。


■自分の意思で「お色直し」を選ぶ時代へ!

 

また、今回の調査で明らかになったのは『1着(お色直しはしない・今は考えていない)』と考えている女性が約3分の1もいるという実状です。一昔前のブライダル業界ではほとんど見られなかった「お色直しをしない」という選択肢ですが、今は一般的になりつつあるといえます。『1着』と答えた人の多くはウエディングドレス1着で考えているという結果でしたが、気になる1着の理由を見ていきましょう。

~『1着』を選んだ理由~
自分の結婚式スタイルにお色直しは必要ない
「質の高い、オーダーのウエディングドレスを1着大事に着たい」
「ヘアセットなどでイメージチェンジが出来れば、ウエディングドレス1着でいい」
「自分で作ったウエディングドレスを持ち込んで結婚式をしたい」
「ドレスは自分に似合わないと思うので、色打掛だけ着たい」

衣装より別のものにお金や時間をかけたい
「披露宴で少しでもゲストと長くいたいから」
「費用と相談ですが、色々オプションを頼んで、予算に余裕があればお色直しも考えるかも」
「家族だけの挙式と会食なので、食事がメイン。お色直しは考えていない」

印象的だったのは、「自分の結婚式スタイルにお色直しは必要ではない」「自分たちの衣装よりも、ゲストと一緒にいる時間や、ゲストへのおもてなしにお金をかけたい」という意見が多かったことです。ゲストへの気遣いを重視したおもてなしウエディング、形式ばっていないカジュアルウエディング、少人数ウエディングなど結婚式の多様化にあわせて、衣装やお色直しの選択肢も増えているといえそうです。
 
..............................

「みんなもお色直しをしているから…」と、当たり前のようにお色直しをする時代ではないのかもしれません。
衣装はもちろん結婚式も、自分の理想にあわせて、自分の意思で選ぶことが出来るのです。「自分らしさ」を投影した結婚式「らしさ婚」がイマドキの結婚式トレンドと言えそうです。
「豪華絢爛な結婚式は自分らしくないな」「今まで見てきた結婚式はしっくりこないな」なんて思っているあなたも、自分にぴったりの結婚式がきっとあるはず!諦めずに「自分らしさ」を生かせる結婚式の形や衣装を探してみてくださいね。




【すぐ婚naviについて】
URL:http://sugukon.com/

 


「すぐ婚navi」は、全国600以上の結婚式場および国内リゾート・海外リゾートなどの結婚式場情報を扱うWEBサイト。「いい式場が、安くなる。」というタグラインのもと、結婚式費用が最大130万円OFFになるお得なすぐ婚特典をはじめ、利用者の下見や挙式のリアルな感想など、お得に賢く理想の結婚式を叶えるための情報を掲載中。
WEBサイトだけでなく、実際に専任アドバイザーと式場探しなどの相談ができる「すぐ婚naviブライズデスク」を全国10店舗以上展開している。 

※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社A.T.brides(エイティブライズ)広報 谷村
Tel:052-462-9861
Mail:press@at-brides.co.jp
URL:http://at-brides.co.jp/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社A.T.brides
  4. >
  5. 派手婚、地味婚の次は「らしさ婚」!?お色直しから見えてきたイマドキ結婚式事情とは。