リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表 第16弾

ワークプレイス検索アプリに注目するモバイルワーカー ワークプレイスを検索する際のアプリの重要性が高まっていることが明らかに

世界107カ国1,000都市、2,850拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(ルクセンブルク)は、100カ国以上、合計約40,000人のビジネスマンを対象に柔軟なワークスタイルに関する調査を2016年上半期に実施いたしました。

近年、モバイルワーカーの増加につれ、外出先で仕事ができる場所を探すケースが増えています。リージャスが今回行った調査によると、ビジネスマンはワークプレイスを検索するアプリに注目していることが明らかになりました。

ある調査[1]では、旅行の予約などでアプリを使用していると回答した人は全体の1/5以上に上っています。リージャスが行った調査によると、調査対象である約40,000人の世界で活躍するビジネスパーソンの中で、およそ10人に1人は、同様に仕事する場所を予約・確保するためにアプリを活用していることが分かりました。リージャス・グループの広報担当は次のように述べています。「リージャスの専用アプリの利用者数は前年比で300%の増加となっており、ワークプレイスを予約するためにアプリが活用される傾向にあることを実感しています。リージャスの専用アプリでは、契約の手続きや登録料が不要で、会議室やプライベートオフィス、コワーキングスペース、ビジネスラウンジをご予約いただけます」。

新しいミレニアム世代が労働市場に参入し、経済活動においてスマートフォンがますます環境のユビキタス化を促進していくことになります。そのような環境において、仕事をする場所を確保する目的で、移動先からアプリを使用する人が今後も増加していくと考えられます。

主な調査結果:
•世界のビジネスマンの53%(日本のビジネスマンの51%)が、週の半分以上は勤務先のオフィス以外の場所で働いていると回答。
•世界のビジネスマンの約10人に1人(7%)、日本のビジネスマンの6%が、最寄りで仕事ができる場所を探すためにアプリを活用していると回答。

リージャス・グループの広報担当は次のように述べています。「デジタル機器を活用したモバイルワークがますます盛んになってきています。世界のビジネスパーソンの半分以上にとって、決まったオフィスで1週間毎日働き続けることは今や過去のものとなっています。そのため、オフィスにいないときでもネットにつないで生産性を維持する必要があるのです」。

「今後ビジネスパーソンが出先で仕事ができる環境を見つけるために、ウェブやアプリを利用するシーンがますます増加していくでしょう。若いビジネスパーソンの間では、あらゆるニーズに対応するアプリがあって当然という意識が高まっており、外出先でワークスペースを探すソリューションとしてアプリを利用したいという人が今後も増えていくことでしょう」。

リージャス・グループについて
リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界107カ国1,000都市、2,850拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。
リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。
詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営しています。現在、全国21都市、約100拠点にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/を参照下さい。
センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/の送信フォームからお送りください。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。
公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

リージャス・グループのサービスについて
※拠点によってサービスの有無が異なります。
■レンタルオフィス:
主要駅のハイグレードビル内に快適なオフィス環境を提供しています。敷金・礼金が不要で事務機器なども完備されており、初期投資にかかるコストや時間を大幅に削減できます。オフィス開設後即入居が可能で、利用期間は1カ月から、1人部屋から100人用、共用オフィスまで豊富なプランを利用可能です。

■コワーキング
コストパフォーマンスの高いソリューションとしてコワーキングスペースを提供します。
様々な契約プラン(1カ月に5日間利用、1ヵ月に10日間利用、1カ月無制限利用)があり、働き方に応じて利用することが可能です。

■バーチャルオフィス(電話秘書+宅配物受け取り代行):
ビジネス一等地の適切な場所をビジネスアドレスとして利用可能です。また、専用の電話番号をお渡しし、お客様の社名で応対します。新たな市場進出時に仕事の拠点が必要になった時、電話応対や郵便物の取り扱いをアウトソースしたい時に最適なサービスです。

■ビジネスワールド(メンバーシッププログラム):
世界2,850拠点あるリージャスのビジネスセンターのどこでも、IT環境の整ったプライベートオフィス、ビジネスラウンジ、カフェを利用できるメンバーシッププログラムです。出張先や外出先など世界各地に拠点を持つことができます。

■会議室:
世界2,850拠点、日本国内では主要都市の駅近くビル70拠点以上に、最新の会議用設備を備えた貸し会議室を用意。少人数の研修・会議から最大120名の研修・セミナールームまで、必要に応じて利用可能です。

 [1] 出典:Skift.com, 6 Charts that show mobile bookings gain on desktop around the world, September 19th 2015 https://skift.com/2015/09/19/6-charts-that-show-mobile-bookings-gain-on-desktop-around-the-world/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. リージャス・グループ
  4. >
  5. リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表 第16弾