家族で知ろう!みんなで考えよう!途上国の暮らし 【世界の子どもカルタ】大募集

世界の子どもたちのために活動する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区、常務理事・事務局長:片山信彦、以下WVJ)は、日本の子どもたちが世界に目を向けるきっかけになることを願い、「世界の子どもカルタ」を募集します。応募サイトに並んだ世界の子どもたちの写真を「絵札」として、そこから読み取れることを「読み札」に込めて応募していただき、皆さんの作品で45音のカルタを作ります。入選者45名の名前はカルタに記載、審査員賞に選ばれた方8名には、カルタの完成品をプレゼントします。
main image
【募集要項】

■ 応募資格:
  趣旨に賛同してくださった方どなたでも
■ 応募期間:
  2014年6月2日(月)~7月31日(木)15時まで
■ 応募方法:
  Step1 応募サイト(http://www.worldvision.jp/karuta ※6/2オープン)から写真を選択
  Step2 読み札を作成
  Step3 ウェブサイトから応募
■ 審査員:
  ジュディ・オング/酒井美樹(WVJ親善大使)、勝間靖(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)、前康輔(写真家)、エコマム(日経BP社)、株式会社NTTデータ、キヤノン株式会社、六本木ヒルズ

■ 協力:
  キヤノン株式会社
 (後日、キヤノンウェブサイトより完成したカルタのデータがダウンロード可能となります)


※「世界の子どもカルタ」は、「命の木プロジェクト」の一環です
世界には、予防・治療可能な要因によって5才未満で命を落とす子どもたちが、年間660万人もいます。この状況を改善するため、WVJが2012年から毎夏実施しているのが、「命の木プロジェクト」。全国から「子どもたちの命を救いたい」という気持ちを表す絵・言葉・写真などの‘アクション’を募集する、WVJのアドボカシーキャンペーンです。

今年はこのキャンペーンの一環として、「世界の子どもカルタ」を募集。カルタの応募作品1点が、「命の木プロジェクト」のアクション1件としてカウントされます。完成した「世界の子どもカルタ」は、‘世界の子どもたちの命を救いたい’という声として、政策提言書とともに外務省に提出します。



※ワールド・ビジョン・ジャパンとは?
ワールド・ビジョン・ジャパンは国連経済社会理事会に公認・登録されたキリスト教精神に基づく国際NGO、ワールド・ビジョンを構成している日本の民間援助団体です。当団体は国税庁に認定NPO法人として認定されており、皆さまからのご支援金は、寄付金控除の対象となります。詳しくは http://www.worldvision.jp へ。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
  4. >
  5. 家族で知ろう!みんなで考えよう!途上国の暮らし 【世界の子どもカルタ】大募集