「カフェ」×「ラーニング・コモンズ」という新空間 「EASAC(イーザック)」シリーズを発売

寛ぎと能動的学習が共存する新たな空間づくりを実現する、今までにない教育家具

アイリスグループのアイリスチトセ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 富生)と株式会社ホウトク(本社:小牧市、代表取締役社長:大山 富生)は、カフェのように居心地の良い空間で能動的学習を促進する家具「EASAC(イーザック)」シリーズを2017年12月8日に発売します。





 

 

 

 

 

  複数の学生が集まって、電子媒体や印刷物などから得られる様々な情報を用いてディスカッションを進めていく場である「ラーニング・コモンズ」を提供する高等教育機関が増加しています。その背景として、大学や高校が直面している「グローバル人材の育成や学習時間の確保」「学校での滞在時間の有効活用」といった課題が挙げられます。しかし、当社が行った学習の実態調査では、多くの学生は「居心地が良い」「落ち着く」という理由から校内ではなくカフェなどで学習しており、学習環境として「居心地の良さ」を重視していることが判明しています。

 今回、当社が発売する「EASAC」シリーズは、カフェのような居心地の良さと学びの多様性の両方を実現します。ラーニング・コモンズにとって重要な可動性・収納性・汎用性などの機能面に加えてインテリアの要素を取り入れ、これまでにない学習空間を提供します。製品ラインアップは、学生が自由に動かすことで活発な学習空間を生み出すことができる「アクティブロック」と「フラップテーブル」、どの方向からも着座しやすい十字型の脚を採用した「十字脚テーブル」の3種類のデスクに加え、カフェのようなインテリアに馴染むデザインのシリーズ専用イスを揃えました。木の質感を表現した木目の天板と黒色の脚で、落ち着いた温かみのある空間を演出します。

 当社は、長年培ってきた教育施設向け家具のノウハウにインテリアの要素を加えることで、学生の真のニーズに対応できる柔軟な学習空間を生み出し、発想力・思考力のある人材を育成する環境作りに取り組んでいきます。


■シリーズ 商品特長■
Ease(寛ぐ・やすらぐ)と、Active(活発な)を両立した家具シリーズです。

1.カフェのような居心地の良い空間を作る、木目調のデザイン

シリーズの製品天板には、リアルな木の質感にこだわった木目メラミンを採用し、落ち着いたデザインで展開しています。まるでカフェにいるような居心地のよさを演出し、学生が使いたいと思う空間を提供することで、自ら学ぶ習慣がつく学習環境を目指します。

落ち着いた木目の天板を採用

 

 









2.機能性の高い製品ラインアップ
ラーニング・コモンズに必要な、可動性・収納性・汎用性などの機能性を兼ね備えた3つのテーブルを展開します。

①アクティブロック(天板の形は2種類)


人数や使い方によって多様に組み合わせられ、自由に動かすことができるテーブル。レバー操作一つで全てのキャスターのロックと解除が可能です。台形は3台、長方形は5台までスタッキング(積み重ね)ができます。






②フラップテーブル(天板の形は3種類)

▲脚部分形状
支柱を中央方向へ寄せることで脚が妨げにならず、どの方向からも着座がしやすいのが特長。複数を様々なパターンに組み合わせる際も脚が干渉し合わないため、人数の増減に柔軟に対応ができます。また、収納時に天板を跳ね上げた状態でも、テーブル同士がずれることなく直線上に整然と収納することができます。

③十字脚テーブル(天板の形は3種類)

▲カバン掛けフック


十字脚でどの方向からも着座がしやすく、多様な組み合わせ方ができるテーブル。天板裏フレーム部分にはカバン掛けフックを設けているため、様々な環境に配置することができます。

■製品仕様■














 
















 
















 






 

 


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アイリスオーヤマ株式会社
  4. >
  5. 「カフェ」×「ラーニング・コモンズ」という新空間 「EASAC(イーザック)」シリーズを発売