アジアで成功しているCFO像は「戦略プランニング能力と先見性のある40代の男性」

【ヘイズ・アジア5カ国インタビュー調査より】

【2015年5月14日】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、アジア5カ国のCFO(および同等レベルの財務責任者)145人に対する個別インタビュー調査結果を「CFOのDNA:最高財務責任者に共通している資質とは」と題するレポートにまとめて発表しました。

 

インタビュー調査からは、財務部門のトップであるCFOとして成功するためには「戦略プランニング能力」「先見的[YT1] アプローチ能力」「営業部門との連携能力」が重要資質であることが浮き彫りにされました。

レポートに描かれたCFOの典型的な人物像は「幅広い経験と豊富な人脈を持ち、人材管理や経営管理能力に優れ、長時間のハードワークをこなす一方で、時間を作ってワークライフバランスの実現に努めている40代の男性」です。

このレポートについて、ヘイズのアジア担当マネージング・ディレクター、クリスティーン・ライトは次のように述べています。

「多くの経理担当者は最終的にCFOの地位を目指して財務のキャリアを選びます。経理・財務のキャリアを選んだからには最終的にトップに就きたいと思うのは当然ですが、どうすればそこに辿り着けるのでしょうか。トップに至るまでの道のりは様々ですが、CFOまで上り詰めた人には、『CFOのDNA』というべき共通の資質を持っているのです。」
今回のインタビュー調査から、CFOには以下のような共通点があることがわかりました。
  • 典型的なCFOは40代の男性:全体の57%が41~50歳、71%が男性。
  • 戦略プランニング能力を重視:58%がCFOとしての最も重要な資質に「戦略プランニング能力」を挙げた。
  • 先見姿勢[YT2] と上昇志向:61%が自分のキャリアを築く上で先見姿勢が有利に働いたと回答。43%は財務分野でさらに上の地位を目指したいと回答。
  • 営業部門との連携を重視: 20%が最も重要視する連携部門に営業を挙げた。
  • 国際派が多い:アジア以外での勤務経験者は全体の48%。海外勤務経験者の99%が「海外経験は自分のキャリアにプラスになった」と回答。
  • 経験がモノをいう:73%が一貫して財務に従事。83%が資格取得後10年以上の実務経験を持つ。
  • ビジネス上の人脈作りを意識:49%がキャリアアップのためのネットワーキングイベントに参加。ソーシャルメディアを活用しているのは24%だが、81%がビジネス向けソーシャルメディアであるLinekdInに登録している。
  • 平均的な労働時間は週46~55時間超。45%が46~55時間、40%が56時間超と回答。
  • 70%が勤務時間後にスポーツやエクササイズを行い心身の体調管理に努めている。
  • 55%がこれからトップを目指す若手に対してビジネスマインドの重要性を提言。
「財務部門のリーダー層の大半がCPAやACCA、CA/ICAAといった専門資格を取得しており、今後さらに専門的な能力を磨いていきたいという強い意欲を持っています。

また資格取得後の実務経験が豊富で、全体の4分の3は実務経験10年以上のベテランでした。実務経験5年未満のCFOは9%しかいないことから見ても、CFOとして成功するためには、時間をかけて経験を積み自分の能力やビジネスマインドを磨いていく必要があるようです。

CFOには営業部門と緊密に連携して業務にあたるビジネスパートナーとしての役割も強く求められるようになっているのは興味深い点です。CFOが持つべき重要な資質として『戦略プランニング能力』が最も多くの回答者から挙げられていることからも、CFOには組織のリーダーとして、影響力や交渉力を発揮することが求められていることがわかります。」

調査方法
調査は2014年11月から2015年1月までの期間、アジア5カ国、145人の経理・財務プロフェッショナルを対象に、1対1のインタビュー形式で実施されました。調査対象者の大半はCFOの地位にあり、財務ディレクター、グループ/事業部/地域財務ディレクター、ファイナンスディレクター、財務統括責任者、財務担当ゼネラルマネージャーといった肩書を持つ回答者も一部含まれています。

回答者の国別の内訳は、中国28%、日本25%、シンガポール25%、香港12%、マレーシア10%、で、全体の55%が事業体もしくは企業に在籍しています。回答者に対して、学歴、専門資格、国際経験、担当業務・職責、直面する課題、個人のキャリア目標に関する質問を行い、一部回答者の対してはさらに詳細なインタビューを実施しました。

レポートをまとめた冊子「DNA of a CFO」(英文)には詳細インタビューにご協力いただいたCFOのプロフィールを掲載しています。レポート全文はウェブサイト(hays.co.jp/cfo)にてご覧いただけます。

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

以上

ヘイズについて:
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2014年12月31日現在、世界33カ国*、244の拠点(総従業員8,000人超)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について:
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヘイズ・ジャパン
  4. >
  5. アジアで成功しているCFO像は「戦略プランニング能力と先見性のある40代の男性」