CyberZ、韓国にて新たに発足した「MCN協議会」へ日系企業として単独参画 ~韓国においてYouTube動画をネットワーク化したMCN産業の発展を支援~

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の子会社で株式会社CyberZの韓国拠点であるCyberZ Korea,Inc.(本社:韓国ソウル市、代表取締役社長:文晟新)は、韓国にて新たに発足した「MCN協議会」に参画しましたことをお知らせいたします。また、本協議会における日系企業は現時点で当社のみとなります。

MCN(マルチチャンネルネットワーク)とは、YouTubeに登録されているチャンネルをカテゴリ毎にまとめるネットワークです。このたび、当社が参画した「MCN協議会」は、韓国におけるMCN産業の繁栄とクリエイターのブランド構築、育成、権利保護を目的として設立されました。本協議会は、全世界でMCN産業を引率する46社で結成されており、韓国企業では大手のゲームパブリッシャー・メディアコンテンツ提供会社が加入しております。また、当社では国内外における動画クリエイターを活用したプロモーション支援を行っており、日本における動画プロモーションのノウハウを本協議会で展開し、韓国におけるMCN産業の発展に貢献していきます。

当社は、今後も韓国を含むアジア・パシフィック地域をはじめ、世界各国における企業のスマートフォンプロモーションの課題解決や広告効果の最適化に努めてまいります。

■株式会社CyberZについて
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営しており、2015年からe-Sports大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。

■会社概要
社名:CyberZ Korea, Inc
所在地:12F, Hyeonik building, 736-6, Yeoksam-don, Gangnam-gu, Seoul, Korea
設立:2015年4月1日
代表者:代表取締役社長 文 晟新
事業内容:スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ 広報担当:高井
E-mail: press@cyber-z.co.jp Tel:03-5459-6276
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社CyberZ
  4. >
  5. CyberZ、韓国にて新たに発足した「MCN協議会」へ日系企業として単独参画 ~韓国においてYouTube動画をネットワーク化したMCN産業の発展を支援~