職場環境が人材に与える効果とは:「クール」なオフィスは本当に役立っている?

【2015年5月19日】IT企業の斬新なオフィスが注目を集め、そうしたスタイルを真似る企業も多くなっています。しかし、オフィスをこのようなスタイルにすることで、従業員の生産性や業績、あるいは人材の流出防止に関して狙い通りの効果が得られているのでしょうか?

 

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、こうしたオフィス環境づくりが効果を上げるかどうかは、その会社の企業文化にかかっていると指摘しています。

ヘイズのアジア担当マネージング・ディレクター、クリスティーン・ライトは、次のように述べています。

「IT業界は従来の常識を覆すようなオフィスで知られています。例えば、スイスのチューリッヒにあるGoogleのオフィスにはフロアの間に滑り台があったり、カリフォルニア・メンローパークのFacebookにはスイーツショップがあったり、サンフランシスコのTwitterのオフィスにはヨガルームがあったりします。こうした時代の先端を行くIT企業は、エキサイティングな職場環境を通じて優れた人材を惹きつけています。

職場として豪華すぎるともいえるこうした環境をそのまま別の業界に取り入れた場合、従業員はかえって仕事に集中しづらくなり、好影響にはつながらない可能性もあります。建築家にとっては『クール』な職場をデザインする絶好のチャンスかもしれませんが、フロアクッションやルーフトップ・バー、仮眠用カプセル、子供の遊び場などが、職場で『大きな子供達』にもっと生産性を高めた良い仕事をさせるために、本当に必要なものでしょうか?

企業と協力して人材を惹きつけるための戦略作りを進める中で、ヘイズは企業に対して、オフィス環境はあくまでも装飾にすぎないことを忘れるべきではないと指摘しています。肝心なのは実際にその組織の中で働くことがどのようなものであるかをきちんと伝えることです。」

ヘイズは、企業文化を効果的に変革し、これが反映された形で職場の雰囲気を活性化させることが、組織における仕事への姿勢を大きく変えることも指摘しています。しかし、ペンキを塗り替えて、人材管理戦略のほころびを上辺だけ覆い隠したのでは望むような結果は得られず、人材の流出を食い止めることはできません。

「優秀な人材を企業に繋ぎ止めるカギは社内の文化にあり、企業独自の経営スタイルにあります。社内ボウリング場建設の契約を交わす前に、あらゆる職場環境が企業文化を反映し、それを強化するものである必要があることを忘れないようにしておくことも大切です。

結局、革新的なオフィス環境の先鞭をつけたGoogleやFacebookといった企業を際立たせているのは、オフィスの前にまず、その企業文化の存在です。カラフルで魅力ある、居心地の良い職場が採用の面で素晴らしいツールになることは間違いありませんが、そうした環境は現実を反映したものでなければならないのです。そうでなければ所詮、単なるペンキの上塗りに過ぎなくなるでしょう」とライトは述べています。

この問題については、ヘイズが年2回刊行しているグローバルな人事・採用専門誌「ヘイズ・ジャーナル」の最新号(http://www.hays.co.jp/hays-journal/index.htm)の中で、さらに詳細な検討を加えています。ヘイズ・ジャーナル最新号は、こちら(http://www.hays.co.jp/hays-journal/index.htm)でご覧いただけます。

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。
                                                                                                                                       以上
ヘイズについて:
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2014年12月31日現在、世界33カ国*、244の拠点(総従業員8,000人超)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について:

 

ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヘイズ・ジャパン
  4. >
  5. 職場環境が人材に与える効果とは:「クール」なオフィスは本当に役立っている?