『まだ、都会で貧乏やってるの?』競争しないで楽しく暮らす「究極の働き方」教えます!

株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:中村雅夫)と株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、電子書籍『まだ、都会で貧乏やってるの? 熊本で年収1億を稼ぐ32歳の「新しい働き方」』を配信開始しました。
熊本で、たった一人で会社を興し、今では【年収1億円】を実現した著者の初書籍です。

『まだ、都会で貧乏やってるの?』特設サイト
http://ebook.gakken.jp/tokaibinbou
main image
■タイトル詳細

タイトル:『まだ、都会で貧乏やってるの? 熊本で年収1億を稼ぐ32歳の「新しい働き方」』
著者:吉角裕一朗
発行:学研パブリッシング
販売価格(税抜):1,350円
内容紹介:

今、本当に頭のいい人は「田舎」で稼いでいる!
毎朝、満員電車に揺られて、めいっぱい残業して、いい暮らしはできてますか?
それよりも、田舎で頭を使ってゆる~くガッツリ稼いだほうがいいんじゃない?
田舎には、都会に存在しないお金儲けの「鉱脈」があるんです!
競争しないで楽しく暮らす「究極の働き方」を教えます!

◆Kindleストア で購入する
http://amzn.to/1l80Vw8

◆楽天Kobo電子書籍ストア
http://bit.ly/1rKPh8t

◆BookBeyond で購入する
http://bit.ly/1lcnekx


■著者紹介


吉角 裕一朗(よしかど・ゆういちろう)
高校卒業直後、熊本から上京。勝率7割を誇る格闘家として活躍するもケガに泣き引退。
パチスロにはまり借金地獄を見た後、故郷でバッテリー会社を起こし年商5億に急成長。
現在、年収1億の敏腕起業家として活躍中。


■レビュー例

◇若者が参入しそうもないような「ダサい業界」を狙え!

吉角氏が田舎で成功するためのマーケティングポイントとして
まずあげたのが、表題のもの。なぜ「ダサい業界」なのか?

「私が最初に参入したのは、自動車の中古のバッテリーを仕入れてそれを再生して販売するという、都会帰りにとってはお世辞にもカッコイイといえない業界でした。なぜこのような人気のない業界や職種のほうが、成功に近いのか?それはライバルが少ないからです。」

人気のある業界は黙っていても若者たちや優秀な人たちが集まるが
吉角氏が選んだ業界ではそういったことは無いという。
人気のない業界はマーケットが小さい。
よって、資本力のある大企業が参入してくる可能性も低くなり、
強力なライバルがいないところでビジネスが出来るというメリットがあるというのだ。

「田舎で独立起業するなら流行のビジネスや人気の業界ではなく、できるだけニッチでダサいものを選ぶようにしましょう。派手な業界より、地味な業界のほうが、じつは儲かるのです」

他にも吉角氏は成功するためのマーケティングポイントとして
『都会のテイストを「田舎仕様」にアレンジする』
『「田舎の常識」を都会の目で見直してみる』
など都会と田舎、両方の目線から様々なポイントを挙げている。
そういったポイントすべてを吉角氏の新刊著書『まだ、都会で貧乏やってるの?』でチェックできる。
前述の成功ポイントや田舎で「自由」に「楽しく」稼いでいる人たちの話だけでなく
「田舎起業で必ず失敗する7つのタイプ」といった反面教師の事例も収録されている。
「田舎起業」に興味がなくても、今の働き方に何かしらの疑問を持っている人にはオススメの一冊だ。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ブックビヨンド
  4. >
  5. 『まだ、都会で貧乏やってるの?』競争しないで楽しく暮らす「究極の働き方」教えます!