戦前に考案された、古くて新しい中島種二の折紙細工が復活!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2016年1月14日(木)に、『カワイイヲリガミ細工』を刊行いたしました。

 

中島種二氏は、戦前に“折紙細工”の本を出版している人物。紙を折った後、はさみで切れ目を入れさらに折ることで、折紙ではできないユニークで大胆な形を生み出しました。さらにその形に色づけや模様を施すことで、どこか懐かしく愛嬌のある作品が完成します。

本書では、戦前に発売された中島種二氏の3冊の原書をもとにした、デザインユニットCOCHAEが考えた折紙細工の作り方を紹介します。作品を「動物」「鳥」「お面と指人形」「人形」「魚と水の世界」「くらしの風景」にわけて紹介。約85作品を収録し、そのすべてに手順を追った折図を設けています。折紙とはさみがあればできてしまうため、小さなお子さんでも楽しむことができます。

原書ではモノクロが多かった作品ページをすべてカラーで再現し、折図の工程で足りない部分は図を増やしてわかりやすくするなど、COCHAEならではの視点で現代風にアレンジしています。
原書の雰囲気を残しながらより実用性が増した、COCHAE流の色やデザインで魅せる中島種二氏の折紙細工の世界をお楽しみください。
 

ライオンとおっとせい

ことり

熱帯魚と金魚

ヒュッテと家、ポスト

【著者プロフィール】

COCHAE(コチャエ)
“あそびのデザイン”をテーマに活動する軸原ヨウスケ、武田美貴によるデザイン・ユニット。2003年、「折り紙をもっとポップに!」をキーワードにグラフィック折紙を制作。折り紙パズル「ファニーフェイスカード」がグッドデザイン賞(Gマーク)2008受賞。『猫のパラパラブックス』が造本装幀コンクール2013審査員奨励賞受賞、『トントン紙ずもう』がグッドトイ2013選定。『折りCA』(青幻舎)シリーズ、『妖怪おりがみ』(講談社)など著者多数。「kokeshi book 伝統こけしのデザイン」などの写真集の企画・編集・デザインも手がけるなど、現在は新しい視点を持った玩具や雑貨の開発、出版企画、商品企画、展示など幅広い活動を行っている。

【書籍概要】
書 名:『カワイイヲリガミ細工 ―戦前に考案された古くて新しい中島種二の紙細工』
著 者:COCHAE
仕 様:B5変形判、144ページ
定 価:1,500円+税
配本日:2016年1月14日(木)
ISBN:978-4-416-51650-8

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店:http://bit.ly/1NapQpX
楽天ブックス:http://bit.ly/1SQYkEZ
ヨドバシ.com:http://bit.ly/1Ou7WQL
Amazon:http://amzn.to/1PevQPB

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社誠文堂新光社
  4. >
  5. 戦前に考案された、古くて新しい中島種二の折紙細工が復活!