東京マリオットホテル 新総支配人に、飯田 雄介 が就任

2015年5月25日付就任

東京マリオットホテル(東京都品川区)では、2015年5月25日付でホテル新総支配人に飯田雄介(いいだゆうすけ)が就任いたしました。 1988年に日本航空開発株式会社(現・株式会社JALホテルズ)よりキャリアをスタートした飯田は、Nikko Hotels International(NHI)の豪州、米国内のホテルにて約10年の経験を積み、帰国後、同社運営本部等にて要職を歴任。2010年より国内の2ホテルで総支配人をつとめるなど、ホテル運営全般にわたる約27年におよぶキャリアを有しております。
世界50カ国に500軒以上のホテルを展開する世界有数規模の「マリオット・ホテル」ブランドである東京マリオットホテルは、国際感覚豊かな視点と豊富な経験を持つ飯田を新総支配人として迎え、より洗練された居心地の良い空間と、現代の旅人のニーズに適合するマリオットならではの特長あるサービスを提供してまいります。

就任にあたり飯田は、「2020年のオリンピック開催都市である東京に誕生した新しい時代のインターナショナルブランドホテルの総支配人として着任できた事をたいへん光栄に思います。東京の中でも歴史ある御殿山に立地する東京マリオットホテルの魅力を全世界に伝えられるようなサービスの創造を従業員と共に取り組んで参ります。」と述べています。

飯田雄介(いいだ ゆうすけ)略歴
1965年生まれ。東京都出身。
明治大学政治経済学部卒業。
1988年日本航開発株式会社(現 (株)JALホテルズ)入社、豪州、米国のNikko Hotels Internationalにてオペレーション、営業の経験を積む。1999年より運営本部や営業・マーケティング・ブランドマネージメント業務を担当。2010年よりホテル日航姫路、2014年より川崎日航ホテルの総支配人を歴任。現在に至る。

マリオット・ホテルについて
マリオット・ホテルは、世界約50カ国に500軒のホテルとリゾートを展開しており、
ご滞在のあらゆる面で旅を進化させ、次世代の旅人にきらめく旅を提供します。モバイルを駆使し仕事と遊びをブレンドするグローバルな旅行者にシフトしながら、グレートルーム・ロビー、フューチャー・オブ・ミーティング、モバイル・ゲスト・サービスなどの、スタイルとデザイン、テクノロジーを進化させたイノベーションで業界をリードします。全てのマリオット・ホテルはフリークエント・トラベラーの賞を受賞したマリオット・リワードに参加しています。メンバーは宿泊に使った金額をホテルのポイントや、航空会社のマイルに交換することができます。詳しい情報は、
www.MarriottHotels.comでご確認いただくか、Facebook (Facebook.com/Marriott)、Twitter (Twitter.com/Marriott,@Marriott) にご参加ください。

本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先
東京マリオットホテル マーケティング部 吉田・中村
東京都品川区北品川4-7-36 電話: 03-5488-3913 FAX:03-5488-3903
E-mail:ryoko.nakamura@tokyo-marriott.com


 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社
  4. >
  5. 東京マリオットホテル 新総支配人に、飯田 雄介 が就任