新フォトアルバムサービス“PhotoJewel S”を開始

「良い」写真を自動選択し、高品質なフォトアルバムを簡単に作成可能

キヤノンは全てのユーザーを対象に、選択した画像フォルダやSNSの写真だけでなく、新たに動画からの画像切り出しにも対応し、レイアウトまで全て自動で行う技術を搭載したフォトアルバムサービス“PhotoJewel S(フォトジュエル・エス)”を3月中旬より開始します。
 

印刷・製本されたフォトアルバム

 

PhotoJewel Sのロゴマーク

アプリアイコン

 

PhotoJewel Sホームページ:canon.jp/pjs

キヤノンは、2014年2月よりCiG(※1)会員向け高級フォトアルバムサービス“PhotoJewel”を展開していますが、全てのユーザーにも写真を楽しんでもらうため、新たに“PhotoJewel S”を開始します。新サービスでは、画像選択からレイアウトまで全て自動で行うキヤノンの独自技術「EAGiAL(イージアル)」(※2)により、今まで写真の整理、選択にかかっていた手間を削減し、撮りためたままになっていた画像から簡単にフォトアルバムを作成することができます。

■ キヤノン独自の自動写真解析・レイアウト技術「EAGiAL」を搭載
キヤノンが開発した新技術「EAGiAL」により、フォトアルバムに適した画像の選択から、ストーリー性のあるレイアウトまで全て自動で行えます。表情やピント、構図などから「良い」写真を解析し、画像の自動選択が可能です。また、選択した写真をデザイン性の高いテンプレートに自動でレイアウトするだけでなく、写真を背景として用いたり、撮影日時に沿った配置をすることでストーリー性の高いフォトアルバムを作成することができます。さらに、選択する写真は静止画だけでなく、動画から画像を切り出しレイアウトまで自動で行える画期的な機能を備えています。ユーザーは撮りためた静止画や動画を区別することなく、簡単にフォトアルバムを作成(※3)できます。

■ スマホやタブレットにも対応し簡単にフォトアルバムが注文可能
PCのほか、スマートフォン(スマホ)やタブレットにも対応しており、ユーザーは自動で作成されたフォトアルバムの最終イメージを画面で確認するだけで、簡単にフォトアルバムを注文することができます。また、端末内の写真や動画だけでなく、フェイスブックやキヤノンのオンラインアルバムにある写真からもフォトアルバムを作ることができます。印刷には、キヤノンの業務用フォトプリンター「DreamLabo 5000」を使用し、高品位で高画質なフォトアルバムを作成できます。

 

サービス名 希望小売価格(税別) 発売日
フォトアルバムサービス“PhotoJewel S” 1冊あたり1,980円~(※4) 2016年3月中旬

 

※1  キヤノンの会員制ウェブサイト「CANON iMAGE GATEWAY(キヤノンイメージゲートウェイ)」の略。
※2  EAGiAL: Engine for Automatic photo-imaGing Analysis & Layoutの略。
※3  任意に画像の入れ替えや位置調整などの編集も可能です。
※4  15cmスクエアサイズ、スタンダードタイプ、半光沢紙、20ページの価格。(送料別)


<フォトアルバムサービスの市場動向>
フォトアルバムサービスの市場において、2015 年の国内市場規模は販売数で約620万冊、金額にして約120億円と見込んでおり、2016 年以降の販売数についても増加するものと予想しています。(キヤノン調べ)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノン株式会社
  4. >
  5. 新フォトアルバムサービス“PhotoJewel S”を開始