カメラと写真映像の総合展示会「CP+(シーピープラス)2016」に出展

キヤノンは、2016年2月25日(木)から28日(日)まで、パシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像の総合展示会「CP+2016」に「新次元の表現力で、かつてない感動を。」をテーマとしたブースを設置し、入力から出力、静止画から動画に至る多数の新製品を出展します。
 

キヤノンブース(イメージ図)

 

1.    「新次元の表現力で、かつてない感動を。」をテーマとしたブース
キヤノン最高クラスの性能を備えたデジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機“EOS-1D X Mark II”(2016年4月下旬発売予定)を中心とした新製品や新技術を、大型4K LED(高さ4.2m×7.6m)を使用したメインステージで紹介します。また、プロフォトグラファー向けインクジェットプリンターの新製品“imagePROGRAF PRO-1000”(2016年2月25日発売予定)に加え、デジタルカメラとの連携を実現するソフトウエアを活用した高画質・高解像度な作品を展示しています。さらに、キヤノンが開発した8Kカメラと新製品の4Kプロジェクター“4K500ST”(2016年4月中旬発売予定)を組み合わせることで8Kの臨場感あふれる映像を体感できるコーナーも用意しており、静止画・動画問わず、キヤノンの先端技術がもたらす高い表現力を実感できます。

2.    新製品を含めた豊富な製品ラインアップを展示
“EOS-1D X Mark II”のほか、有効画素約2,420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ“EOS 80D”(2016年3月25日発売予定)などの新製品を使って試し撮りができる「タッチ&トライ」コーナーを用意しています。今年はスポーツ撮影をテーマに、躍動感あふれる被写体の一瞬を切り取ることができる高い性能を体感できます。その他、新映像エンジンDIGIC 7を初搭載した小型・高機能コンパクトデジタルカメラ“PowerShot G7 X Mark II”(2016年4月下旬発売予定)や、“imagePROGRAF PRO-1000”など新製品を幅広く展示し、入力から出力まで、表現領域のさらなる拡大を実現したキヤノンの豊富な製品ラインアップを紹介します。

3.    写真や動画を楽しむためのさまざまな製品やサービス
撮りためた写真や動画を簡単にフォトブックにできる新オンラインフォトブックサービス“PhotoJewel S”など撮影後の写真や動画を活用するコーナーや、写真家と開発者らによるトークショーなどを通して、写真や動画が持つさらなる魅力や、新しい楽しみ方を提案します。

* CP+2016の開催概要、キヤノンブースの展示内容などの詳細は、キヤノンホームページ内のイベントサイト(canon.jp/event/exhibition/cp2016)をご覧ください。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノン株式会社
  4. >
  5. カメラと写真映像の総合展示会「CP+(シーピープラス)2016」に出展