ユニバーサル・スタジオ・ジャパン V字回復の起爆剤となったファミリーエリア 2015年3月、大幅リニューアル決定!

~ 親も思わず夢中になる、新『ユニバーサル・ワンダーランド』誕生 ~

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2012年3月の登場以来、大人気となっているファミリーエリア『ユニバーサル・ワンダーランド』の一部をさらに大幅リニューアルして、2015年3月にグランドオープンいたします。
main image
TM & © 2014 Sesame Workshop © 2014 Peanuts Worldwide LLC © 1976, 2014 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. EJ4120301© & ® Universal Studios. All rights reserved.

新『ユニバーサル・ワンダーランド』は、親子のはっちゃけ笑顔が倍増します。
『ユニバーサル・ワンダーランド』は、約3万平方メートルの敷地に、エルモ、スヌーピー、ハローキティなど、ワールドクラスの人気を誇るキャラクター達の世界観で造られたアトラクション、ショップ、レストランなどの施設から成る一大ファミリーエリアです。このリニューアルにより、親子で思わず夢中になる複数のライド・アトラクションの新設、キャラクターと触れ合える
新ストリートショーの登場をはじめ、リニューアルの特別感がいっぱいのグッズ、カラフルでかわいいキャラクターの世界観を存分に楽しめるフードメニューなど、全部で30以上のバラエティ豊かなエンターテイメント体験を備えます。新『ユニバーサル・ワンダーランド』が目指すのは、子どもだけでなく、大人も本気の「スイッチ」が入って、今まで以上に心の底から楽しめるファミリーレジャーが体験できる場所です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、徹底的にクオリティにこだわり、独自の技術とクリエイティビティで作り上げた世界最高のエンターテイメントをお届けすることで、パークを訪れるゲストの皆様ひとりひとりを笑顔に、そして元気にしていきたいと考えています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、おかげさまで2014年7月15日にオープンした新エリア『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』や、期間限定で開催しているサマー、ハロウィーン、クリスマスのシーズナル・イベントも大変ご好評をいただき、国内外から多くのゲストが訪れ、集客規模をさらに拡大しています。2015年1月には、新たな期間限定イベント『ユニバーサル・クールジャパン』(2015年1月23日~5月10日)をスタートし、日本が生み出したコンテンツの魅力を日本国内だけでなく、世界中に向けて発信するなど、来年も次から次へと、世界最高のエンターテイメントを提供し、世界中のゲストをお迎えしてまいります。

『ユニバーサル・ワンダーランド』概要
『ユニバーサル・ワンダーランド』は、エルモ、スヌーピー、ハローキティなど世界的人気を誇るキャラクターたちが、それぞれのイマジネーションをもって、このエリアを訪れた家族と一日一緒に遊べるように、さまざまな工夫を凝らした壮大なファミリーエリアです。
子どもの成長や幸福に関する研究に基づき設計されたライド・アトラクションやキャラクターたちとの触れ合い体験、子どもが思う存分遊べる屋内・屋外のプレイランドが豊富に揃っています。子どもたちに人気のライド・アトラクション「フライング・スヌーピー」や「ハローキティのカップケーキ・ドリーム」、「エルモのバブルバブル」などは、乗り心地や操作性、色使い、子ども目線から見える風景など、世界最高をお届けするために品質や技術にもこだわりを持っています。
また、子どもの遊びを見守りながら、ママがゆったりできる休憩スペースが充実しており、親子一緒に利用できるファミリートイレを数多く備えています。

大好評!ママの強い味方「よやくのり」(2014年3月8日導入)
親子一緒のパーク体験をより充実していただくために導入した、時間を有効に使うサービスです。
大好評の無料予約システムは、対象アトラクション入口にある発券機にスタジオ・パスをかざすと、エリア内の人気ライド・アトラクションの乗車時間を予約できます。このサービスは、待ち時間の過ごし方が気になる小さいお子様連れのご家族におすすめです。予約時間までは列に並ばず、その待ち時間を活用し、お食事や買い物、アスレチックやプレイランドでの体験など、『ユニバーサル・ワンダーランド』をより一層お楽しみいただけます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ユー・エス・ジェイ
  4. >
  5. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン V字回復の起爆剤となったファミリーエリア 2015年3月、大幅リニューアル決定!