転換期を迎えるライフサイエンス業界で転職市場が活発化

3つの要素が人材の流動化に影響

【2015年5月28日】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、「グローバル化の波」「M&Aや組織再編に伴うビジネス環境の変化」「品質管理に対する意識レベルの更なる向上」などを背景に、日本のライフサイエンス業界は深刻なスキル不足の状況にあるという見解を示しました。

 

ヘイズが発表した最新の採用動向レポートには、このような状況を象徴するかのように、薬事規制関連業務(RA)や研究開発・臨床分野での人材需要が逼迫していることが報告されています。あらゆる職種の人材需要が高まる一方で、求職者・候補者の母数には変化が見られないため、恒常的なスキル不足の状態が生じています。

大きな背景は「グローバル化の波」です。企業のグローバル化によってバイリンガル人材への需要はますます高まり、大手だけでなく準大手や取引先である中堅企業の人材採用にも影響しています。ライフサイエンス企業は採用にあたってTOEIC850点以上の高いレベルの英語力を要求する場合が多く、経験や専門性、関係各所との良好な関係が重要視されてきたポジションにも将来有望なジュニアレベルのグローバル人材を採用するケースが現れています。

新製品の販売と売上げ拡大の成否を左右する薬事規制関連業務(RA)は高度な専門性が求められる職種なので、これまで未経験者の採用には非常に慎重でしたが、最近になってクリニカル・リサーチ・アソシエイト(CRA)などの治験関連経験を持つRA未経験者を採用する企業も増え、将来性のある若手求職者には研修を積んでRAエキスパートになれるチャンスも開かれてきました。

「M&Aや組織再編に伴うビジネス環境の変化」により組織全体や現場の効率化が求められるようになったのも一つの背景です。

企業側は安定的なスキル確保を目的に正社員の採用に力を入れています。一方、医薬品研究開発の分野では業務効率化のためCRO(受託臨床試験機関)を活用する企業も増え、これを受けて新たに日本市場に参入する外資系CROも増えています。そのためCRO各社では経験豊富な治験担当マネージャーを求めていますが、求職者の多くは製薬企業側で働きたがる傾向にあるため、人材需給のアンバランスが生じています。

また、もともと安全に対する意識の高い日本の市場において、品質管理に対するプレッシャーがますます高まっているのも一つの背景です。

医薬品販売において重要な薬事申請プロセスに対応する高スキルのメディカルライターの需要が高まる一方、主に医薬品市販後の安全性の監視活動を担うファーマコビジランス(薬剤監視)の需要も同様に高まってきています。

品質管理部門は都市圏から離れた場所にあることが多く求職者にとって魅力的な立地条件ではないこともあり、品質管理スタッフの採用は次第に困難になってきています。

GMP(医薬品や医療機器の製造および品質管理に関する基準)スペシャリストの需要も高まっているものの、採用市場にはニーズを満たすだけの十分な人材が不足しているのが現状です。

ヘイズ・ジャパンは、毎年4回(4月、7月、10月、1月)採用動向をレポートにまとめて発表しています。最新のレポート全文はヘイズ・ジャパンのウェブサイトwww.hays.co.jp/report/からご確認いただけます。

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。
                                                                                                                                        以上
ヘイズについて:
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2014年12月31日現在、世界33カ国*、244の拠点(総従業員8,000人超)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について:
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヘイズ・ジャパン
  4. >
  5. 転換期を迎えるライフサイエンス業界で転職市場が活発化