「新書大賞2016」第1位は、井上章一著『京都ぎらい』(朝日新書)に決定!!

佐藤優さん絶賛、おかげさんで10万部突破! 朝日新書から一挙3冊ベスト10入り!

 本日2月10日に発表された「新書大賞2016」(中央公論新社主催)の大賞受賞作品は、井上章一著『京都ぎらい』(朝日新書)に決定しました。

新書大賞記念帯をまいて重版出来

 

 「新書大賞」は、1年間に刊行されたすべての新書から、その年「最高の一冊」を選ぶ賞です。第9回にあたる「新書大賞2016」では、新書に造詣の深い書店員、書評家、各出版社の新書編集部員など計82名が、2015年刊行の新書から読んで面白かった、内容が優れている、といった観点で投票した結果、井上章一著『京都ぎらい』(朝日新書)が大賞に選出されました。


 昨年9月に刊行された本書は、ご当地・京都を発端に全国へ広がり、現在9刷10万部のベストセラーとなっています。作家・佐藤優氏も「京都の洛中の特殊性を語ることを通じて日本人の思考の鋳型ついて論じた秀逸な文化論」と絶賛しています。

 なお、第5位に藤田孝典著『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』、第8位に高橋源一郎著『ぼくらの民主主義なんだぜ』と、朝日新書から一挙3冊がベスト10入りの快挙を達成しました。20位までのランキングなどの詳細は、2月10日発売の『中央公論』2016年3月号に掲載されています。


「ええか君、嵯峨は京都とちがうんやで・・・・・・」
千年の古都のいやらしさ、ぜんぶ書く
さげすまれてきた「洛外」育ちの著者が、おごれる京都人に筆誅を下す!

あこがれを集める歴史の都・京都! そんな古都を「きらい」と明言するのは、 京都育ちで、ずっと京都に住んでいる著者だ。千年積もった洛中人の毒や、坊さんと舞子さんとのコラボレーションなど、「こんなん書いてええのんか?」という衝撃の新京都論。


【著者紹介】
井上 章一(いのうえ しょういち)
1955年、京都府生まれ。京都大学工学部建築学科卒、同大学院修士課程修了。国際日本文化研究センター教授、同副所長。専門の建築史・意匠論のほか、美人論、関西文化論など日本文化についてひろい分野にわたる発言で知られる。著書に『霊柩車の誕生』『つくられた桂離宮神話』『美人論』『阪神タイガースの正体』『現代の建築家』など多数。

【書籍概要】
書名:『京都ぎらい』(朝日新書)
著者:井上 章一
体裁:新書判・並製/224ページ
定価:本体760円+税
ISBN:978-4-02-273631-4
発売日:2015年9月11日
発行元:朝日新聞出版
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17353
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社朝日新聞出版
  4. >
  5. 「新書大賞2016」第1位は、井上章一著『京都ぎらい』(朝日新書)に決定!!