大学向け授業支援システムを日立の大学向け情報システム「UNIPROVE(ユニプルーブ)」シリーズに統合し、「UNIPROVE/CS」として販売開始

教員と学生をWebでつなぎ、より効果的な対面型授業をサポートします

UNIPROVE/CS 全体概要図

 

株式会社日立公共システム(取締役社長:建部 清美)は、大学向け授業支援システム「IT’s class.(イッツ・クラス)」を、株式会社日立製作所の大学向け情報システムソリューション「IT Solution for Campus」の中で提供している「UNIPROVE」シリーズに統合し、2015年4月より「UNIPROVE/CS*(ユニプルーブ・シーエス)」として販売します。
* Class Support systemの略

当社は、2002年から授業支援ツールの単体システムとして「IT’s class.」を販売してまいりました。しかし、昨今の大学授業の有り方、キャンパスライフ、キャリアパスの状況を考えますと、日立の「IT Solution for Campus」のコンセプトのもと、機能拡張および、既存のUNIPROVE製品との連携強化を推進することが、さらなるお客さまへの期待に応えていく方向であると判断し、「IT’s class.」を「UNIPROVE」シリーズに統合することといたしました。

当社は今後も日立製作所および日立グループと連携し、各大学のベストパートナーになるべく、既存のシステム環境の整備から戦略的な活用までをサポートし、全体最適を進めるITで大学の個性化・高度化を推進する努力を継続していきます。また、将来の大学教育、研究分野の業務の効率化・高度化、システムの統合・連携・発展による各分野の融合を実現し、新たな価値創造を支援することで高等教育機関へのニーズに応えていきます。

大学向け授業支援システム「UNIPROVE/CS」
http://www.hitachi-gp.co.jp/uniprove_cs/?k=pr150310_01

■大学向け授業支援システム「UNIPROVE/CS」とは
大学の授業運営では、教材の配布、予習復習内容の提示、出席管理、提出されたレポートの管理など、さまざまな管理業務が発生します。「UNIPROVE/CS」は、これらの管理業務をWebシステム上で行うことで教員にかかる手間を軽減し、より効果的な学習環境作りを支援するシステムです。また、ディスカッション・アンケート・テストなどの機能により、学生の授業の理解度向上、教員とのコミュニケーション活性化もサポートします。

大学向け授業支援システム「UNIPROVE/CS」
http://www.hitachi-gp.co.jp/uniprove_cs/?k=pr150310_01

■「UNIPROVE/CS」の主な授業支援機能

【コミュニケーションに関する機能】
1.ディスカッション
授業後の質問・回答の情報を共有できます。また、授業内容についてディスカッションすることで、教員は学生の理解度を把握できます。
2.授業お知らせ
欠席者への授業内容のフォロー、予習・復習内容の提示が可能です。

【教材に関する機能】
1.授業資料掲示
教員は、授業資料を簡単な操作でアップロードし、受講者限定で公開することが可能です。学生は、授業資料をいつでもWeb画面から閲覧・ダウンロードし、予習・事前印刷することが可能です。

【レポート機能】
1.レポートの課題提示・回収
学生が提出したレポートに評価コメント(採点済み・再提出など)を付加して返却することができます。また、学生が過去に提出したレポートの履歴を閲覧できます。

2.レポート提出状況確認・採点
学生のレポート提出状況を一覧で確認できます。レポートの一括ダウンロードも可能です。レポートの提出状況確認・採点は、モバイル機器からも実施できます。

【テスト・アンケート機能】
1.Webでのテスト実施
Web上でテストの作成から出題・解答までを行えます。また、解答可能回数・時間制限の設定や、回答したテストの履歴保持、自動採点も可能です。
2.Webでのアンケート実施
Web上でアンケートの作成から回答・集計までを行えます。集計結果はグラフ表示できます。また、匿名/記名回答の選択や回答可能期間の設定、アンケートの雛型登録も可能です。

授業運営をサポートする充実した機能
http://www.hitachi-gp.co.jp/uniprove_cs/kino.html?k=pr150310_02

■関連リンク
日立:大学向け情報システムソリューション「IT Solution for Campus」
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/app/campus/
大学向け証明書自動発行システム「UNIPROVE/SS」
http://www.hitachi-gp.co.jp/service/education/uniprove_ss/index.html?k=pr150310_03
大学向けWeb型図書館システム「UNIPROVE/LS」
http://www.hitachi-gp.co.jp/service/education/uniprove_ls/index.html?k=pr150310_04

■株式会社日立公共システムについて
会社名:株式会社日立公共システム
資本金:3億円
従業員数:1,180人(2014年4月現在)
事業概要:
1.業務システム開発
2.システム構築・運用サービス
3.パッケージ・ソリューション事業
URL:http://www.hitachi-gp.co.jp/?k=pr150310_05

■商標注記
本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

■問い合わせ先
株式会社日立公共システム
事業推進部 広報担当 森崎/原
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号
TEL:03-5632-1338  E-mail: news-release@ml.hitachi-gp.co.jp

このニュースリリース記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社日立公共システム
  4. >
  5. 大学向け授業支援システムを日立の大学向け情報システム「UNIPROVE(ユニプルーブ)」シリーズに統合し、「UNIPROVE/CS」として販売開始