“日本野鳥の会 神奈川支部会員の解説付き”『2016 冬の野鳥観察会』の参加者を募集

「酒匂川河川敷・あじさいの里(神奈川県開成町)」で開催!

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:山木 利満)では、2016年2月20日(土)、自然と触れ合いながら野鳥観察をお楽しみいただく『2016 冬の野鳥観察会』を、当社沿線の「酒匂川河川敷・あじさいの里」(神奈川県開成町)にて開催します。

『2016 冬の野鳥観察会』会場となる酒匂川河川敷

 

■ご参加の方に、「日本野鳥の会神奈川支部」が発行する「野鳥ハンドブック」をプレゼント!
◆小田急小田原線開成駅をスタート地点とし、神奈川県西湘エリアの「酒匂川の河川敷」や田園風景が広がる「あじさいの里」周辺で実施します
◆観察するエリアは、平坦で広範囲を見渡すことができ野鳥を発見しやすいことから、初心者の方でも野鳥観察をお楽しみいただけます
◆参加費無料、募集人数は40名です(集合場所までの往復の交通費等は参加者負担)
◆「酒匂川河川敷・あじさいの里」は例年、冬鳥として飛来する「カワアイサ(カモの仲間)」、両翼を広げると150cmを超え、空から急降下し鋭い爪で魚を捕らえる「ミサゴ(タカの仲間)」、繁殖地と越冬地の間を移動する途中で河口等の湿地に飛来するシギやチドリ類に加え、サギ類、カモ類、タカ類等、数十種の野鳥を観察できるエリアです
※観察できる野鳥の種類は、状況により異なる場合があります
◆参加者を5つのグループに分け、コース内では「日本野鳥の会 神奈川支部会員」による野鳥の特徴や生態等の解説を聞きながら、観察会をお楽しみいただけます

当社沿線には、変化に富んださまざまな自然が広がっていることから、この自然を保全しお客さまに親しんでいただくことを目的に、行政等と連携した活動を実施しており、環境意識の向上を図るための「海岸の清掃活動」や、魅力的な自然資源等を楽しみながら、その大切さを理解していただくための「自然観察会」を実施しています。

観察できる野鳥(イメージ)

 

■『2016 冬の野鳥観察会の参加者募集』の概要
1.日時
2016年2月20日(土) 9時00分~12時30分
※小雨決行、荒天の場合は中止となります

2.募集人員
40名

3.集合
小田急線開成駅東口駅前広場

4.参加費
無料(往復の交通費は各自でご負担ください)

5.行程
開成東口駅前広場 → 酒匂川ふれあい館 → 開成水辺スポーツ公園 → あじさい公園(現地解散)
※施設見学等は実施しません

6.応募方法
小田急電鉄ホームページより応募要項をご確認のうえ、ご応募ください
<お申込み先>  http://www.odakyu.jp/
※申込み時にお預かりする個人情報は、この企画以外に使用することはありません

7.応募締切
2016年1月22日(金)

8.当選発表
応募者多数の場合は抽選を行い、当落の発表は1月下旬頃にメールでお知らせいたします

9.  お問い合わせ
小田急電鉄㈱CSR・広報部
〔電話〕03-3349-2517
〔受付〕10:00~17:00
※土・日・祝日および12月30日~1月3日を除きます

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 小田急電鉄株式会社
  4. >
  5. “日本野鳥の会 神奈川支部会員の解説付き”『2016 冬の野鳥観察会』の参加者を募集