【ムービープラス】「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開まで待てない!怒涛のSF72時間大特集 SF映画29作品を一挙放送

CS映画専門チャンネルのムービープラス(ジュピターエンタテインメント㈱、東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、11月20日(金)21:00~11月23日(月・祝)21:00まで、計29作品のSF映画を72時間一挙放送します。

2015年はSFイヤー。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は日本劇場公開から今年で30周年を迎え、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』でタイムスリップした未来は2015年。さらに、12月18日(金)には待ちに待った「スター・ウォーズ」シリーズ最新作の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の劇場公開も控えるなど、SF関連の話題は連日尽きることがありません。

ムービープラスでは「怒涛のSF72時間大特集」と題し、最新の技術を駆使したものから、現代の映画界に多大な影響を与えたエポックメーキングな作品まで、幅広いセレクトで特集放送します。ぜひご期待ください。
<特集名> 怒涛のSF72時間大特集
<放送日時> 2015年11月20日(金)21:00~11月23日(月・祝)21:00

最新技術を駆使したSF映画
『トロン:レガシー』(2010年/アメリカ)
放送日時:11月20日(金)21:00~23:30
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド
デジタル業界のカリスマで巨大企業エンコム社のCEOケヴィン・フリンが忽然と姿を消してから20年。27歳になったケヴィンの息子サムに謎のメッセージが届く。発信源は父が所有していたゲームセンター。その地下で秘密の研究所を発見したサムは、コンピューターの世界に入り込み・・・。

 

『プロメテウス』(2012年/アメリカ)
放送日時:11月22日(日)18:45~21:00
監督:リドリー・スコット
出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー
時代も場所も異なる複数の古代遺跡から共通のサインが発見された。考古学者のエリザベスはこれを“人類を創造した知的生命体からの招待状”だと分析。彼女ら17名を乗せた宇宙船プロメテウス号が、招待状が示す惑星へと旅立つ。2093年、2年以上の航海を経て、一行は目的の惑星に辿り着くが・・・。

 


後世に残るSF映画の名作
『2001年宇宙の旅』(1968年/アメリカ)
放送日時:11月22日(日)9:00~11:45
監督・脚本:スタンリー・キューブリック
出演:キア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド
2001年、月では謎の物体が発見され、それは木星へ強烈な放射能を発射していた。科学者たちは調査のため木星へ出発。彼らを乗せた原子力宇宙船ディスカバリー号を操縦するプール飛行士とボウマン隊長は、宇宙船の故障を予言するコンピューターの注意信号を受信する。
★製作時に、妥協を知らないキューブリックの要求で試行錯誤を重ねた特撮技術の蓄積と経験が、9年後の「スター・ウォーズ」製作を可能にし、その後のSFブームを牽引した。

 

『ブレードランナー ファイナル・カット』(2007年/アメリカ)
放送日時:11月22日(日)12:45~15:00
監督:リドリー・スコット
出演:ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー
人類の大半が宇宙に移住した2019年。酸性雨が降るLAで、遺伝子工学の新技術で生産された“レプリカント”4体が人間を殺して逃亡した。レプリカントの反逆に備え、彼らを識別して抹殺する“ブレードランナー”のデッカードは、単独捜査を開始するが・・・。
★それまでのSF映画の世界観を根底から覆す、強烈なビジュアルと世界観で観客を圧倒させた。

 


個性的!変わり種SF映画
『her/世界でひとつの彼女』(2013年/アメリカ)
放送日時:11月22日(日)23:00~翌1:30、ほか
監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス
近未来のロサンゼルス。妻に去られ失意の日々を過ごしていたセオドアは、人工知能型OS“サマンサ”に興味を抱く。実態を持たないものの、“彼女”は驚くほど個性的で人間味に溢れていた。相談事や寝る前のささやかな交歓を通じ、サマンサとの会話に夢中になってゆくセオドアだったが・・・。
★「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ4本目の長篇監督作。人間と人工知能のあいだで恋愛は可能かという大テーマに正面から挑んだシリアスなSF映画。

 


映画だけじゃない!関連番組の放送も
「決定版!SF映画年代記」(2014年/イギリス=アメリカ)
第1回「宇宙 最初の開拓地」
放送日時:11月21日(土)13:45~14:45、ほか
監督:ベン・サウスウェル  ナレーション:麦人
SF映画によって宇宙への夢はぐっと人類に近付いた。1902年の『月世界旅行』、実際の宇宙開発にも影響を与えた「スター・トレック」シリーズ、SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』、「スター・ウォーズ」シリーズなどの名作を製作者や俳優のコメント、貴重映像と共に紹介する。
★第2回「異星人との遭遇」  第3回「われらはロボット」第4回「タイムトラベルへの扉」の全4回を放送します。

 

「この映画が観たい ~SF総集編~」
放送日時:11月21日(土)8:45~9:15
出演:中川翔子、早川浩、松本零士 ほか
過去に放送した中から、SF映画作品だけをピックアップした特別版。著名人が選んだ珠玉のSF映画とは?
★「この映画が観たい#16 ~早川浩のオールタイム・ベスト~」 と「この映画が観たい#21 ~松本零士のオールタイム・ベスト~」も再放送します。

 

「怒涛のSF72時間大特集」全29作品 放送ラインアップ
『アフター・アース』『イーオン・フラックス』『ギャラクシー・オブ・テラー/恐怖の惑星』『クラウド アトラス』『クローバーフィールド/HAKAISHA』『サラマンダー』『ジャッジ・ドレッド(2012年)』『スタークラッシュ』『スターシップ・トゥルーパーズ』『スターシップ・トゥルーパーズ2』『スターシップ・トゥルーパーズ3』『スローターハウス5』『ダーク・スター』『ターミネーター2』『ダイバージェント』『タイムマシン(2002年)』『トータル・リコール(2012年)』『ドニー・ダーコ』『トロン:レガシー』『2001年宇宙の旅』『her/世界でひとつの彼女』『バーバレラ』『バタフライ・エフェクト』『ブレードランナー ファイナル・カット』『プロメテウス』『メガフォース』『リディック:ギャラクシー・バトル』『リベリオン-反逆者-』『ロックアウト(2011年)』

放送日時など、詳細はムービープラスの特設サイトをご覧ください。
http://www.movieplus.jp/feature/sf/

ムービープラス(ジュピターエンタテインメント株式会社、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、今年開局26年目を迎えた日本最大級の映画チャンネルです。ハリウッドのヒット作をはじめとする国内外の選りすぐりの映画、映画祭、最新映画情報を放送し、J:COMなど全国のケーブルテレビやスカパー!、IP放送を通じ、約720万世帯のお客様にご覧いただいています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ジュピターエンタテインメント株式会社
  4. >
  5. 【ムービープラス】「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開まで待てない!怒涛のSF72時間大特集 SF映画29作品を一挙放送