ファイル共有ソフトを用いた著作権法違反事件 全国7警察が音楽ファイルの違法アップロード者8名を検挙

一般社団法人日本レコード協会

警察庁が2月19日に発表した「ファイル共有ソフト等を使用した著作権法違反事件の一斉集中取締り」において、当協会会員社の著作物を違法アップロードした著作権法違反被疑事件の告訴事案は、以下のとおりです。
 
  • 佐賀県警察本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪捜査係および佐賀警察署

 ファイル共有ソフトShareを使い、当協会会員社(同年1月26日告訴)の限定盤CDシングルの音楽をアップロードしていた大分県大分市在住の男性(45歳)を検挙。

 

  • 福岡県警察本部サイバー犯罪対策課および筑紫野警察署
 ファイル共有ソフトCabosを使い、当協会会員社8社(同年1月29日、2月1日告訴)のCDの音楽を多数アップロードしていた大阪府高石市在住の男性(30歳)と佐賀県嬉野市在住の男性(30歳)をそれぞれ検挙。
 
  • 島根県警察本部生活環境課サイバー犯罪対策室および大田警察署

 ファイル共有ソフトShareを使い、当協会会員社3社(同年2月5日告訴)のアニメ音楽や映像、パッケージデータなど多数アップロードしていた島根県松江市在住の男性(54歳)を検挙。

 

  • 秋田県警察本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪対策室および大仙警察署
 ファイル共有ソフトShareを使い、当協会会員社(同年2月5日告訴)のアニメBlu-ray特典CDの音楽をアップロードしていた秋田県大仙市在住の男性(41歳)を送致。
 
  • 山口県警察本部生活環境課山口署特捜室および山口警察署
 ファイル共有ソフトBitTorrentを使い、当協会会員社(同年2月12日告訴)のCDアルバムの音楽やパッケージデータなどアップロードしていた山口県下関市在住の男性(22歳)を検挙。
 
  • 静岡県警察・山梨県警察合同捜査本部および細江警察署
 ファイル共有ソフトShareを使い、当協会会員社(同年2月26日告訴予定)のアニメDVDの映像を多数アップロードしていた神奈川県鎌倉市在住の男性(33歳)を検挙。
 
  • 福島県警察本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪対策室および白河警察署
 ファイル共有ソフトShareを使い、当協会会員社(同年2月26日告訴予定)のアニメCDをアップロードしていた千葉県松戸市在住の男性(45歳)を検挙。


これらの事件は、送受信用プログラム機能を有するファイル共有ソフトを作動させ、不特定多数のインターネット利用者に対し著作物を自動的に公衆送信し得るようにし、インターネット上に公開していた著作権法違反被疑事件として対応していたものです。
当協会は「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」が策定したガイドラインに基づき、侵害者に違法にアップロードしたファイルを削除するよう求める活動を行なっております。
引き続きインターネット上の違法配信に対し注意・警告を行うとともに、会員社・関係権利者や団体・警察と連携を強化して違法対策へ積極的に取り組み、音楽文化の健全な発展に寄与して参ります。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 一般社団法人日本レコード協会
  4. >
  5. ファイル共有ソフトを用いた著作権法違反事件 全国7警察が音楽ファイルの違法アップロード者8名を検挙